スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

洪水に備えて(要援護者施設における避難確保計画の作成について)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年9月11日

はじめに

 平成27年9月の関東・東北豪雨や平成28年8月の台風10号等では、逃げ遅れによる多数の死者や甚大な経済損失が発生したため、国では平成29年6月に水防法等を一部改正し、洪水時等の浸水想定区域内の災害時要援護者施設の所有者又は管理者に対し、避難確保計画の作成及び避難訓練の実施並びに作成した計画を市長へ報告することを義務化し、利用者の確実な避難確保を図ることとしました。

 つきましては、洪水時等の浸水想定区域内の災害時要援護者施設の所有者又は管理者の皆様は以下の資料を活用して、速やかに避難確保計画の見直しや作成に取り組んでいただきますとともに、計画の提出をお願いいたします。

報告事項

避難確保計画を作成し、又は自衛水防組織を置いたときは、川崎市総務企画局危機管理室に書面で報告いただきますよう、ご協力をお願いいたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局危機管理室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2841

ファクス:044-200-3972

メールアドレス:17kiki@city.kawasaki.jp