現在位置:

かわさきパラムーブメント推進ビジョンについて

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年6月6日

かわさきパラムーブメント推進ビジョン

東京2020大会を契機として、誰もが暮らしやすいまちづくりを進めていくため、東京大会に向けた本市の取組の方向性や目指すべきレガシー(遺産)を明らかにし、市民と共有するとともに、取組を計画的に進めていくため、「かわさきパラムーブメント推進ビジョン」を策定しました。

かわさきパラムーブメント5つの方向性

世界最大のスポーツと文化の祭典であるオリンピック・パラリンピックの特長や本市の強みを踏まえ、政策領域を幅広く捉える5つの方向性を設定し、これまでの取組の深化と加速度的な推進を目指します。


取組期間(3つのフェーズ)

かわさきパラムーブメント推進ビジョンは、2016 年度から東京2020大会終了後の2021年度までの6年間を取組期間としています。この計画期間は、大会終了後に取組の成果を検証し、2024年の市制100周年やその後のまちづくりにつながるレガシー(遺産)につなげていくことを意図したものです。
また、東京2020 大会に向けた機運の高まりや、大会組織委員会等の動向を踏まえ、各分野の取組を段階的に拡充・進化させていくことや、新たな総合計画との整合性を図るため、6年間に3つのフェーズを設定し、推進ビジョンの見直しを行います。


第1期推進期間

2016年度・2017年度
開催につなげる取組期間
東京2020大会に向けた本市のビジョンを共有化し、取組の基礎となるネットワークやしくみづくりを重点的に進めます。

第2期推進期間

2018年度・2019年度
大会を成功させる取組期間
大会組織委員会等との連携を深め、大会運営に積極的に協力するための取組を進めるとともに、かわさきパラムーブメントを実践する取組を展開します。

第3期推進期間

2020年度・2021年度
未来につなげる取組期間
東京2020大会を盛り上げるためのさまざまな取組を実践し、各期間の成果を振り返りながら持続的な取組へと発展させていきます。

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局オリンピック・パラリンピック推進室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-0564

ファクス:044-200-3599

メールアドレス:20olypara@city.kawasaki.jp