現在位置:

川崎市請負工事中間検査実施要領の改正について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2014年10月22日

概要

 川崎市請負工事検査規程第6条第5項に規定する中間検査の実施に必要な事項を定めたものです。

 平成27年4月1日以降に契約する工事が対象となります。

主な改正内容

 中間検査は、公共工事の施工の節目において実施し、工事中の施工状況の確認を行い、もって工事の適正かつ能率的な施工を確保するとともに工事に関する技術的水準の向上に資することを目的に行う検査です。

 今回の主な改正点は以下の通りです。

1 検査対象の見直し

(1)全市での統一基準

(2)除外規定の見直し

2 要領運用上の改善 他

(1)成績評定項目との連動

(2)事業課への通知文の新設 他

試行実施

 平成27年4月1日の施行に先立ち、平成26年度に契約された工事について、新要領を参考に検査を試行実施します。

 試行実施する工事については、別途、担当監督員から連絡をします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 財政局資産管理部検査課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2909

ファクス:044-200-0381

メールアドレス:23kensa@city.kawasaki.jp