スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

中小事業者等が新規取得した経営力向上に資する機械装置等に係る課税標準の特例措置について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年12月16日

「地方税法及び航空機燃料譲与税法の一部を改正する法律」の施行に伴う地方税法の改正により、平成29年4月1日(機械及び装置については平成28年7月1日)から平成31年3月31日までの間に中小事業者等が取得した経営力向上計画に記載された一定の機械及び装置、測定工具及び検査工具、器具及び備品並びに建物附属設備(償却資産として課税されるものに限る)について、取得から3年間固定資産税の課税標準が2分の1になります。

詳しい内容については、中小企業庁外部リンクのホームページ等をご確認ください。

川崎市において新規に上記の特例の適用を受ける場合には、次の「1」~「7」を認定資料としてご提出ください。
また、翌年度以降も継続して特例の適用を受ける場合には、毎年の1月1日(賦課期日)時点の資本金等を確認する必要があるため、次の「1」と「8」(「2」~「7」は不要です。)を認定資料として毎年、ご提出ください。
なお、新規に特例の適用を受ける資産と継続して特例の適用を受ける資産の両方がある場合には、次の「1」~「7」をご提出ください。

  1. 「償却資産申告書・種類別明細書(提出用)、課税標準の特例該当償却資産明細書」
    ※自社電算等の電算処理により申告される場合は、令和2年度償却資産申告の手引(PDF形式,6.00MB)P5「5 課税標準の特例と非課税」、P6「6 申告方法」をご覧ください。
  2. 「経営力向上計画に係る認定申請書(写)」
  3. 「経営力向上計画に係る認定書(写)」
  4. 工業会等による「中小企業等経営強化法の経営力向上設備等に係る仕様等証明書(写)」、「中小企業等経営力強化法の経営力向上設備等に係る生産性向上要件証明書(写)」、「中小企業等経営強化法の経営力向上設備等及び生産性向上特別措置法の先端設備等に係る生産性向上要件証明書(写)」のいずれか
  5. 公益社団法人リース事業協会が確認した「固定資産税軽減計算書(写)」
  6. 「リース契約書(写)」
    ※「5」「6」については、経営力向上計画の申請者が償却資産の申告を行う場合は不要です。
  7. 「経営力向上設備に係る固定資産税の課税標準の特例チェックシート」様式(PDF形式,94.20KB)
  8. 「経営力向上設備に係る固定資産税の課税標準の特例チェックシート (継続分)」様式(PDF形式,101.14KB)

  ※「7」「8」は川崎市独自の様式です。

「1」については、償却資産申告書・種類別明細書(固定資産税)の様式をご利用ください。

償却資産申告書、種類別明細書の書き方等については、令和2年度償却資産申告の手引(PDF形式,6.00MB)をご覧ください。

ご不明な点は、次の市税事務所、市税分室へお問い合わせください。

申告書の提出先・お問合せ先

償却資産申告書の提出先・お問合せ先

資産の
所在する区

申告書の提出先
・お問合せ先

住所

電話番号

川崎区・幸区

かわさき市税事務所
資産税課家屋係

郵便番号210-8576
川崎市川崎区砂子1‐8‐9
(川崎御幸ビル3階)

044-200-3959

中原区

こすぎ市税分室
資産税家屋担当

郵便番号211-8570
川崎市中原区小杉町3‐245
(中原区役所3階)

044-744-3245

高津区・宮前区

みぞのくち市税事務所
資産税課家屋係

郵便番号213-8576
川崎市高津区下作延2‐7‐60

044-820-6568

多摩区・麻生区

しんゆり市税事務所
資産税課家屋係

郵便番号215-8576
川崎市麻生区万福寺1‐2‐2
(新百合トウェンティワン5階)

044-543-8975

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。