市民文化大使

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年12月6日

市民文化大使プロフィール

川崎市市民文化大使は、文化芸術・スポーツの分野で活躍している方々に、市長代理として他都市との交流事業や、市内の文化行事などにご参加いただいたり、また、ご自身の活動の中で川崎市のイメージアップを図っていただくことを目的に平成15年度にスタートしました。
第8期(平成29年12月~平成31年11月)の市民文化大使は次の11組の方々です。(50音順・敬称略)

与 勇輝(あたえ ゆうき)

与 勇輝さんの写真



人形作家
川崎市出身。古い木綿等を素材に、日常風景をモチーフとした繊細で精緻な作品を制作。独自の作品世界を築き、国内外で高い評価を得ており、ニューヨーク、パリ、サンパウロなど世界各地で個展を開催しています。川崎市文化賞受賞。

伊藤 多喜雄(いとう たきお)

伊藤 多喜雄さんの写真


民謡歌手
高津区在住。民謡の復活を目指し、さまざまなジャンルとコラボレーションした独自の世界を構築。NHK紅白歌合戦にも2度出場。プロデュースした「南中ソーラン」がTBSドラマ『金八先生』で取り上げられて日本中の注目を集め、現在は日本のみならず海外でも、幼児から若者・高齢の方まで幅広く踊られています。

鵜澤 久(うざわ ひさ)

鵜澤 久さんの写真

能楽師
観世流シテ方能楽師。3歳で初舞台以降さまざまな曲を演じ、平成29年には大曲「檜垣」を所演。国内外の公演、また現代演劇にも出演し、能役者としてのあるべき身体を探りつつ、幅広く精力的に活動し、その舞台成果は高く評価されています。平成3年から川崎市において「夏休み能楽体験・鑑賞教室」を指導。東京芸術大学同大学院修了。重要無形文化財総合指定保持者。安宅賞、川崎市文化賞受賞。

大谷 康子(おおたに やすこ)

大谷 康子さんの写真



ヴァイオリニスト
デビュー42周年を迎え、本市と友好都市であるザルツブルク市はじめウィーンやキエフでの演奏も絶賛を博しました。テレビ「おんがく交差点」で毎週司会と演奏を務めています。被災地や病院、学校への訪問演奏も積極的に行っています。文化庁芸術祭大賞、川崎市文化賞受賞。東京音楽大学教授。(財)練馬区文化振興協会理事長。


© 尾形正茂

大矢 紀(おおや のり)

大矢 紀さんの写真



日本画家
麻生区在住。厳かな大地の胎動やみずみずしい生命の輝きを描き、昭和30年に院展初入選。以後、受賞多数。「50年暮らした川崎に何かを還元したい」という思いから多数の作品を寄贈してくださり、そのうちの1点は川崎市スポーツ・文化総合センター「カルッツかわさき」に展示されています。川崎市文化賞受賞。

小原 孝(おばら たかし)

小原 孝さんの写真


ピアニスト
高津区在住。NHK-FM「弾き語りフォーユー」パーソナリティ、45枚のソロアルバム発表、全国各地で1000回以上のコンサート、市内の演奏会にも積極的に出演。東日本大震災復興支援「逢えてよかったね友だちプロジェクト」などボランティア活動も積極的に行っています。尚美学園大学客員教授。国立音楽大学講師。川崎市文化賞受賞。

©駒井夕香

国府 弘子(こくぶ ひろこ)

国府 弘子さんの写真



ピアニスト
川崎市出身。数々の演奏経験を経てその音色にますます深い情感をたたえ、ジャンルを超越した共演者から熱いラブコールの絶えないオンリーワンのピアニスト国府弘子。「かわさきジャズ」「アルテリッカしんゆり」にも出演しています。尚美学園大学、平成音楽大学客員教授。

佐藤 征一郎(さとう せいいちろう)

佐藤 征一郎さんの写真


声楽家
高津区在住。ドイツの歌劇場専属首席バス歌手として活躍。帰国後もオペラ、コンサート、特に前人未到のドイツ歌曲30年連続独唱会を完遂。プライ、フィッシャーディースカウらと外国人初の国際C・レーヴェ協会名誉会員。洗足学園音楽大学名誉教授。文化庁芸術祭優秀賞、芸術選奨文部大臣新人賞、川崎市文化賞等受賞。二期会会員。

SHISHAMO(ししゃも)

SHISHAMOの写真

ミュージシャン
川崎市出身のスリーピースロックバンド(Gt.Vo 宮崎朝子 Ba 松岡彩 Dr 吉川美冴貴)。川崎総合科学高等学校の軽音楽部にて結成され、2013年春、卒業と同時に本格的にバンド活動を開始。現在では、10代20代女子を中心に絶大な人気を誇っています。2017年NHK紅白歌合戦に初出場。「音楽のまち・かわさき」から全国に大きく羽ばたいたバンドであり、川崎市出身であることを全国のライブ会場等で発信し続けています。

成田 真由美(なりた まゆみ)

成田 真由美さんの写真



パラリンピックメダリスト
多摩区在住。アトランタ、シドニー、アテネ、北京のパラリンピック4大会に連続出場し、合計20個のメダルを獲得。2015 年に7 年振りに競技に復帰し、リオパラリンピックでアジア新記録、日本新記録を更新。現在は(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事。市民栄誉賞、市民栄誉特別賞、川崎市スポーツ賞、川崎市市民特別賞受賞。

パンチ 佐藤(ぱんち さとう)

パンチ 佐藤さんの写真



スポーツタレント
中原区在住。元プロ野球選手。引退後は、元気配達人をキャッチフレーズにスポーツタレントとしてテレビ・ラジオ・講演会など多方面で活躍しています。現役時代から、独特の語り口による印象的なコメントでプロ野球ファンを魅了。現在も、多くの人に元気を届けています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局市民文化振興室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-2029

ファクス:044-200-3248

メールアドレス:25bunka@city.kawasaki.jp