スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

市民参加に関連する取組の状況について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年12月27日

 川崎市自治基本条例の第28条から第31条までにおいて、「参加」の原則に基づく制度・仕組みが規定されています。

 第28条 多様な参加の機会の整備等
 第29条 審議会等の市民委員の公募
 第30条 パブリックコメント手続
 第31条 住民投票制度

 このページでは、上記のほか、区民車座集会の開催状況や区民会議(第22条関係)の運用状況などを含め、川崎市の市民参加に関連する取組の状況について、その概要をまとめてお示ししています。

「多様な参加の機会の整備等」に関連する取組(自治基本条例第28条関係)

「多様な参加の機会の整備等」に関連する市民参加の状況

市長への手紙

 本市では、市民の皆さんから寄せられた声を、貴重な情報として市政運営に反映していくための制度として、「市長への手紙」を運用しています。

「市長への手紙」受理状況の推移 (単位:件)
 平成29年度平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度
通数内容別件数通数内容別件数通数内容別件数通数内容別件数通数内容別件数
手紙・FAX 490 836 603 1,053 552 911 654 1,003 636 954
メール647 990 707 1,314 510 915 625 952 533 742
合計1,137 1,826 1,310 2,367 1,062 1,826 1,279 1,955 1,169 1,696
「市長への手紙」処理結果の推移
 手紙・FAX メール合計
平成29年度通数490 647 1,137
内容別件数836 990 1,826
平成28年度通数603 707 1,310
内容別件数1,053 1,314 2,367
平成27年度通数552 510 1,062
内容別件数911 915 1,826
平成26年度通数654 625 1,279
内容別件数1,003 952 1,955

かわさき市民アンケート

 本市では、市民の定住状況、生活環境の評価、市政に対する評価と要望等に加えて、市民生活に関するいくつかのテーマなどについて、市民の生活意識や行政に対する意識を調査し、市政運営や政策立案の参考資料とすることを目的として、「かわさき市民アンケート」を実施しています。

かわさき市民アンケート回答状況の推移
 標本数有効回収数有効回収率
平成29年度第1回1,500人1,500人-
第2回3,000人1,611人53.7%
平成28年度第1回1,500人1,500人-
第2回3,000人1,351人45.0%
平成27年度第1回3,000人1,331人44.4%
第2回3,000人1,300人43.3%
平成26年度第1回3,000人1,219人40.6%
第2回3,000人1,345人44.8%
平成25年度第1回3,000人1,407人46.9%
第2回3,000人1,422人47.4%

審議会等委員への女性の参加促進

・委員の参加比率について

川崎市の審議会等の委員総数及び参加比率(男女別)
 2017(平成29)年度2016(平成28)年度2015(平成27)年度2014(平成26)年度2013(平成25)年度
委員数比率委員数比率委員数比率委員数比率委員数比率
女性1,017人31.9%936人31.3%990人30.7%1,064人31.5%990人30.7%
男性2,175人68.1%2,055人68.7%2,231人69.3%2,317人68.5%2,231人69.3%
総数3,192人100.0%2,991人100.0%3,221人100.0%3,381人100.0%3,221人100.0%

※調査時点は、ともに6月1日現在

・女性委員のいない審議会等について

女性委員のいない審議会等の数の推移
平成29年度審議会の総数271の内24(全体の8.9%)
平成28年度審議会の総数253の内20(全体の7.9%)
平成27年度審議会の総数231の内16(全体の6.9%)
平成26年度審議会の総数234の内14(全体の5.9%)
平成25年度審議会の総数227の内8(全体の3.5%)

外国人市民代表者会議

 本市では、外国人市民の市政参加を推進し、ともに生きる地域社会づくりのために外国人市民代表者会議を条例で設置しています。

 外国人市民代表者会議については、こちら(市民文化局人権・男女共同参画室のページ)をご覧ください。

川崎市子ども会議

 本市では、平成14(2002)年から、「川崎市子どもの権利に関する条例」の第30条に規定に基づき、子どもが、自分たちの手で、子どもの権利や川崎のまちづくりなどについて活動を進めていくための場として、「川崎市子ども会議」を設置しています。

 川崎市子ども会議については、こちら(川崎市子ども会議事務局(教育委員会事務局生涯学習推進課)のページ)をご覧ください。

出前講座

 本市では、市職員が、市民の皆さんのお集まりの場所で、市政情報を説明する「出前講座」を開設しています。

「出前講座」開催状況
 平成29年度平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度
講座数46講座43講座41講座42講座42講座
内、開催実績のあった講座の数25講座26講座23講座20講座28講座
講座開催数(のべ)910件849件934件1,015件1,289件
参加者数(のべ)64,051人72,306人56,138人56,889人85,464人

その他「多様な参加の機会」に関連する市民参加の状況

 本市における、その他の「多様な参加の機会」に関連する市民参加の状況について、次のとおり取りまとめました。

 ※集計に当たっては、参加手法を全部で14種類に分類しています。参加手法の分類については、以下の添付ファイルをご参照ください。

 

添付ファイル

平成29年度

添付ファイル

平成28年度の取組

添付ファイル

平成27年度の取組

添付ファイル

平成26年度の取組

添付ファイル

平成25年度の取組

添付ファイル

「パブリックコメント手続」に関連する取組(自治基本条例第30条関係)

 平成19年度から、市民の市政への参加をより一層推進するとともに、行政運営の透明性の向上を図ることを目的に、「パブリックコメント手続」制度を運用しています。
 パブリックコメント手続制度は、市民の生活にとって重要である政策等を策定する際に、その内容を案の段階で公表し、市民の意見を求め、意見を受けて修正した結果等を公表するものです。

パブリックコメント手続実施件数(単位:件)
分類平成29年度平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度
行政計画4119363036
条例等212013199
審査基準等74861
パブリックコメント手続提出意見数の状況
 平成29年度平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度
意見の提出者数1,965人681人1,191人5,869人685人
提出された意見数5,583件1,961件2,772件13,208件1,798件
政策等に反映した意見数141件28件112件579件149件

「住民投票制度」に関連する取組(自治基本条例第31条関係)

その他市民参加に関連する取組

区民車座集会

 本市では、平成26(2014)年1月から、市民の皆さんの声がしっかり伝わる身近な市政の実現のために、市長が直接区民の方々から意見をお聞きする「区民車座集会」を開催しています。

 区民車座集会については、こちら(総務企画局都市政策部企画調整課(市民との対話担当)のページ)をご覧ください。

区民会議(自治基本条例第22条関係)

 本市では、平成18年度から、区民の参加と協働により、区における地域社会の課題の解決を図るための調査審議を行うための機関として、各区に「区民会議」を設置しています。

 区民会議の取組については、こちら(市民文化局コミュニティ推進部区政推進課のページ)をご覧ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局コミュニティ推進部協働・連携推進課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル7階

電話:044-200-2094

ファクス:044-200-3800

メールアドレス:25kyodo@city.kawasaki.jp