スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

「プロボノチャレンジKAWASAKI 2017」概要

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年1月22日

プロボノとは

プロボノ(Pro Bono(Publico))とは、「公共善のために」を意味するラテン語に由来する言葉で、「社会的・公共的な目的のために、仕事で培ったスキルを活かすボランティア活動」のことを意味します。

近年、日本でも、ビジネスパーソンやNPOの間で、プロボノに対する関心・期待が高まりを見せています。

「プロボノチャレンジKAWASAKI 2017」の流れ

約1ヶ月間のプロボノ体験企画「プロボノチャレンジKAWASAKI 2017」を2017年秋に実施しました

事前説明会(開催日:平成29年6月下旬~7月下旬)                                                      市内4か所にて説明会を行い、プロボノに興味のある方、身近な地域活動に関わってみたい方、プロボノのサポート受けたい地域団体・NPOの方の参加を募集しました。そして、参加いただいたプロボノワーカーの方たちを、各支援先団体ごとに事前にチーム分けを行いました。

事前オリエンテーション (開催日:平成29年9月2日(土))
プロボノチームの皆さまの顔合わせの場として、また、支援先団体の事前情報などの確認をする場として、事前オリエンテーションを実施しました。

キックオフミーティング (開催日:平成29年9月30日(土))
プロボノワーカーと支援先団体との初顔合わせ。団体の活動に対する理解を深め、支援先がプロボノチームに対して期待していること、支援先の課題・ニーズ等について正確に把握し、目標とする成果物に向けた作業の進め方、規模等について提案し、支援先団体の合意を得ました。

チームごとの作業 (作業期間:約1ヵ月間)
空き時間を利用し、キックオフミーティングの内容を踏まえて、目標とする成果物に向けて、ヒアリング、オンライン調査、チームミーティングを行いました。

成果提案&打ち上げ (開催日:平成29年11月11日(土)) 
プロジェクトを通じて収集した情報や、検討した成果物を支援先に対して提案し、支援先からのフィードバックを得ました。最後に、ささやかな打ち上げ・交流会も行いました。

事前オリエンテーションの様子

事前オリエンテーションの様子

キックオフミーティングの様子

キックオフミーティングの様子

成果提案の様子

成果提案の様子

打ち上げ・交流会の様子

打ち上げ・交流会の様子

チャレンジメニュー一覧

  • 課題整理ワークショップ
  • スペース活用ワークショップ
  • イベントチラシ・ポスター制作
  • Jimdo/WIX ホームページ構築
  • Facebookページ 立ち上げ&活用法
  • クラウドツール活用入門
  • 営業資料&営業力をパワーアップ
  • クラウドファンディングに挑戦!
  • 会計相談
  • 法律相談
  • 外国語翻訳 など

さまざまなプロボノワーカーの方や活動団体にご参加いただきました。

事前の説明会を経て、18名のプロボノワーカーと5つの活動団体が今回のプロジェクトに参加いただきました。

プロボノワーカーの方々は、現役で働く企業人や個人事業主、シニア世代の方など、また年代も20代から60代以上の方まで幅広くご参加いただいております。

支援先団体についても、子育て、高齢者関連の団体など幅広い活動団体にご参加いただいております。

支援先団体及び支援内容一覧

種別

支援先団体名

支援内容

任意団体

こども未来塾

課題整理ワークショップ

NPO法人

シェアドッグスクール

イベントチラシ・ポスター作製

任意団体

みどりなくらし

法律相談

社会福祉法人

青丘社

イベントチラシ・ポスター作製

任意団体

じもたんkids

課題整理ワークショップ

「プロボノチャレンジKAWASAKI 2017」は、川崎市が主催、一般財団法人かわさき市民しきんが受託事業者として企画・運営し、協働で実施しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局コミュニティ推進部協働・連携推進課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル7階

電話:044-200-2168

ファクス:044-200-3800

メールアドレス:25kyodo@city.kawasaki.jp