現在位置:

「拉致被害者家族を支援するかわさき市民のつどい」を開催します

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年8月21日

横田御夫妻

横田滋さん・早紀江さん

 川崎市には、拉致被害者の横田めぐみさんの御両親が在住されており、本市では拉致問題の一日も早い解決に向けて、また拉致問題を風化させないために、さまざまな取組を進めています。

 このたび、市民の皆様に拉致問題について理解を深め、関心を持ち続けていただくことを目的として、「拉致被害者家族を支援するかわさき市民のつどい」を開催いたします。

1 日時
・平成30年10月8日(月・祝)午後2時00分~4時00分

2 場 所 
・ 川崎市平和館 平和の広場(川崎市中原区木月住吉町33-1)
  (JR南武線・横須賀線武蔵小杉駅、東急東横線・目黒線武蔵小杉駅徒歩10分、
    東急東横線・目黒線元住吉駅徒歩10分)

※お車での来場は御遠慮ください。

3 内容
(1)主催者挨拶
(2)国の取組報告(政府拉致問題対策本部)
(3)横田御夫妻御挨拶
(4)映画上映「~メッセージ~家族たちの思い」

 横田めぐみさんの母、早紀江さんをはじめとした北朝鮮当局による拉致被害者家族のメッセージを俳優が朗読。メッセージでは、日本の家族や知人の近況のほか、「とにかく病気をしないで、帰れる日が必ず来るから、何らかの形で不思議なことが起きるから、頑張ってその日を待っていてね。」「必ず救出します。身体を大事にしてください。希望は絶対に捨てないでください。」という救出への思いを紹介しています。

(5)ミニコンサート(小川典子さん)
 

 英国と日本を拠点に世界各国へ演奏旅行を行う他、国際コンクール審査、マスタークラスなど広範囲な活動を展開中。2018年はリーズ国際、グリーグ国際を始めとする世界的なコンクールの審査を行う他、各国の音楽祭等でのリサイタルも予定されている。英ギルドホール音楽院教授、東京音楽大学特任教授、第10回浜松国際ピアノコンクール審査委員長、国際音楽コンクール世界連盟理事、ミューザ川崎シンフォニーホールアドバイザー、「ジェイミーのコンサート」主宰、NAS英国自閉症協会文化大使。2017年にはこれまでの貢献をたたえて英国ギルドホール音楽院より「フェロー」の称号が授与された。


4 主催
・川崎市

5 共催  
   ・あさがおの会
  (横田御夫妻と同じマンションに住む住民有志が設立した支援団体)
   ・川崎人権啓発活動地域ネットワーク協議会
  (構成団体:横浜地方法務局川崎支局、川崎人権擁護委員協議会、川崎市)
     
6 申込等 
・事前申込制 定員230人 入場無料(応募多数の場合は抽選)
・8月21日(火)から9月20日(木)【必着】まで
・市ホームページ又は往復はがきにて(62円分の切手貼付)必要事項をご記入の上お申し込みください。なお、お申込回数は、お一人につき1回までとさせていただきます。
【必要事項】
(1)イベント名(拉致被害者家族市民のつどい)
(2)住所 
(3)氏名(ふりがな)
(4)電話番号 
(5)希望人数(2人まで)
※ 手話通訳、要約筆記、保育(2歳~就学前)を希望する方はその旨も記入して御申込みください。
※ 宛先 〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2川崎フロンティアビル9階
      川崎市市民文化局人権・男女共同参画室

申し込みはこちら

「拉致被害者家族を支援するかわさき市民のつどい」参加者募集チラシ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局人権・男女共同参画室 人権・同和・平和担当

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-2688

ファクス:044-200-3914

メールアドレス:25zinken@city.kawasaki.jp