川崎愛児園

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年9月24日

概要

施設種別

児童養護施設

運営主体

社会福祉法人川崎愛児園

開設年月日

昭和28年6月
昭和52年8月改築

所在地

〒216-0035
川崎市宮前区馬絹1899

最寄り駅

東急田園都市線「宮前平駅」徒歩10分

地図

連絡先

電話 044-855-2591
ファクス 044-865-4445

施設概要

構造・規模

鉄筋コンクリート造3階建

敷地面積

2,454.95平方メートル

述べ床面積

1,398.35平方メートル

写真

外観

外観

室内

室内

園庭

園庭

運営内容

定員

60名

施設案内

施設案内

児童養護施設で養護されている児童は過去の時代とは異なり、大人社会の問題を背景として発生しているともいえます。そして児童自体には何の問題もないにも拘わらず、親元を離れ又は親族にも世話をして貰えないと言った状態の児童を、児童相談所からの依頼(措置)により委託された子ども達を預かって、正常な社会人として生活する事ができるよう養護することを目的としています。
そして基本指導目標は次のとおりです。

  1. ”あいさつ”の正しくできる子に。
  2. 健康な体と心をつくろう。
  3. 人に好かれ、社会に役立つ人に。
  4. 人との調和ができる人に。

施設沿革

昭和28年6月 川崎市中原区新丸子761番地に創設者宮崎勢喜前園長が個人で定員20名の幼児主体とする養護施設を私財を以って設置する。
昭和50年9月 現川崎愛児園建設のため、個人経営主体を改組し法人格の社会福祉法人設立をはかる。
昭和51年2月 社会福祉法人中原愛児園の設立認可を得る。
昭和51年12月 川崎市高津区馬絹1902-3に仮園舎を建設し、移転する。
同 新園舎の建設工事開始される。
昭和52年8月 新園舎の建設工事完了し、仮園舎より移転する。
昭和52年9月 名称を中原愛児園から川崎愛児園に改称申請を厚生大臣宛に提出する。
昭和52年12月 新園長鈴木良雄就任する。
昭和53年12月 社会福祉法人川崎愛児園への改称変更認可され、現在に至る。
昭和60年12月 園児平均年齢の高齢化に伴い増築工事を実施し園舎面積67.85平方メートルが増加する。
平成17年8月 新園長白戸隆就任する。
平成20年4月 宮前区に地域小規模児童養護施設「野川つくしホーム」を開設する。
平成21年4月 高津区に地域小規模児童養護施設「野川すみれホーム」を開設する。
平成22年7月 多摩区に地域小規模児童養護施設「生田あやめホーム」を解説する。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民・こども局こども本部こども支援部こども福祉課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2929

ファクス:044-200-3638

メールアドレス:25kodohu@city.kawasaki.jp