トップページに戻る

109 馬頭観音

麻生区岡上265

 
馬頭観音

詳細

馬頭観音はもともと衆生の無智・煩悩を排除し、諸悪を毀壊する菩薩だったが、近世以降に国内の流通が発達したため、馬が移動や荷運びの手段として使われることが多くなり、これに伴い馬が急死した路傍や芝先(馬捨場)のそばに動物供養塔として祀られていたもの。別名、師子無畏観音とも言われている。
岡上はもともと武蔵の国だった
岡上はもともと武蔵の国だった
  天保10、12月吉祥日と記してある
天保10、12月吉祥日と記してある

参考文献

関連ホームページ

 

リンク

▲ページのはじめに戻る

最終更新日 2018年8月8日

川崎市都市農業振興センター 農地課

〒213-0015 川崎市高津区梶ヶ谷2丁目1番7号
Tel 044-860-2461  Fax 044-860-2464
メールアドレス mailto:28nouti@city.kawasaki.jp
メールを送信する方は、@全角を@半角に変更してお送りください。