43 香林寺

香林禅寺

麻生区細山3-9-1

香林禅寺

詳細

臨済宗建長寺派。本尊は十一面(身代わり)観音。昭和62(1987)年に建立された五重塔は、日本唯一の禅宗様式の塔で、インドで制作された釈迦初転法輪像が安置され、外陣には地元の苧(カラムシ)を使い制作された脱活乾漆像が納められている。毎年3月の春分の日には「五重塔まつり」が行われる。この日は守護札散華、先祖供養、家内安全、学業成就祈願、御開帳面があり、おまつり市場は有名で、大勢の人で賑わう。
準西国稲毛三十三番札所、武州稲毛七福神札所となっており、「ふるさと麻生八景」にも選ばれている。

  • 本堂
    本堂
  • 本堂から五重塔へ通じる道。境内は広い
    本堂から五重塔へ通じる道。境内は広い
  • 五重塔
    五重塔
  • 春になると梅や桜が咲き誇る
    春になると梅や桜が咲き誇る
  • 隣には果樹園がある
    隣には果樹園がある
  • 敷地の周りに観音様が立つ
    敷地の周りに観音様が立つ

問合せ先:

香林寺
電話番号:044-966-5450

▲ページのはじめに戻る