50 法雲寺

麻生区高石2-6-1

法雲寺

詳細

麻生区内に現存する平安時代の仏像は、法雲寺の阿弥陀如来坐像と東光院の兜跋(とばつ)毘沙門天立像の2つだけである。曹洞宗で、室町時代に創建されたとされている。法雲寺の阿弥陀如来坐 像は寄木造りの技法で、藤原様式を最もよく示しているといわれ、昭和50年(1975年)に川崎市重要歴史記念物に指定されている。

  • 延命地蔵尊
    延命地蔵尊
  • 本堂
    本堂
  • ここからは香林寺が望める
    ここからは香林寺が望める
  • 法雲寺案内図
    法雲寺案内図

問合せ先:

法雲寺
電話番号:044-966-5285

▲ページのはじめに戻る