52 二枚橋

麻生区高石3-32

二枚橋

詳細

よく見ないと気がつかないほど小さな橋。治承4年(1180年)源義経がこの橋を渡ろうとした時、あまりにも粗末な橋であったため架け直したところ、のし餅を2枚重ねたように見えたのでこの名がついたと言われている。欄干には義経の乗った馬を引く弁慶の姿のレリーフがある。

  • 小さい橋である
    小さい橋である
  • 説明板
    説明板
  • 二枚橋案内図
    二枚橋案内図
▲ページのはじめに戻る