66 十二神社

麻生区万福寺3-2

十二神社

詳細

万福寺地域の氏神として正徳元年(1711年)建立、その後嘉永4年(1851年)に再建とある。祭神には宇気母智大神(うけもちおおかみ)にて、十二神とは12柱の神、天神7氏、地神5氏とある。宇気母智大神とは、「食物の神様」であり保食の神とも記され、五穀を司る神と言われている。建立後社殿の老朽化が進み、同地も都市開発にて地形が大きく変わったため、山を下げ元の位置に平成18年(2006年)に新たに神殿を建てる。境内には当地を知る数々の石碑も建てられ、古きこの地が偲ばれる。祭りは毎年9月12日に行われている。

  • 十二神社の入口
    十二神社の入口
  • 十二神社建設の碑
    十二神社建設の碑
  • 平成17年に建てられた
    平成17年に建てられた
  • 行事予定表と記念碑
    行事予定表と記念碑
▲ページのはじめに戻る