72 早野の里

麻生区早野

早野の里

詳細

早野の里は早野聖地公園をはじめ、七つ池、田畑と里山、戒翁寺などを含む早野地区全体をさす。聖地公園は市が昭和46年(1971年)頃より土地買収を始め、現在では墓域12.9ha、公園域37.1haが完成され、自然と景観とが調和されたところである。
七つの池とは、谷戸に散在する「上池」「五郎池」「林ヶ池」「中ノ谷池」「堤入池」「龍ヶ谷池」「下ノ谷池」で、早野の谷戸に湧き水を溜め、田畑に利用するために先人たちが各山合いに造った物とされている。五郎池から上池にかけての湿地にある木道は、自然の香りが十分に楽しめる。環境庁の助成により、ハンノ木の群生地に木道が整備され、動植物の観察が行われている。 
「ふるさと麻生八景」にも選ばれている。

  • 早野の里は早野地区全体をさす
    早野の里は早野地区全体をさす
  • 菜の花
    菜の花
  • 収穫間近の稲穂
    収穫間近の稲穂
  • 早野聖地公園
    早野聖地公園
  • 戒翁寺
    戒翁寺
  • ハンノキ林と木道
    ハンノキ林と木道
▲ページのはじめに戻る