84 稲荷森稲荷社

麻生区王禅寺東5-37

稲荷森稲荷社

詳細

稲荷社は王禅寺村の鎮守五社の一つで、入口谷戸の鎮守であった。江戸時代の初期に久保倉氏の祖先が村の安穏と五穀豊穣の祈願のため。京都の伏見稲荷から勧請したものと言われている。境内の竹と檜の雑木林が厳かな雰囲気を作り出している。

  • 階段が小さく急傾斜のため注意が必要
    階段が小さく急傾斜のため注意が必要
  • 竹と檜の林がすばらしい
    竹と檜の林がすばらしい
  • 雑木林が深く静かである
    雑木林が深く静かである
  • 入口から境内までの高低差が大きい
    入口から境内までの高低差が大きい
  • 稲荷森稲荷社案内図
    稲荷森稲荷社案内図
▲ページのはじめに戻る