平成16年度 川崎市購買スタイル実態調査事業報告書

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2005年8月1日

 川崎市では、平成10年度に実施した「消費購買行動調査」に引き続き、川崎市民の購買活動の実態を把握するとともに、地域の消費者・生活者としての意向や商業集積(街)に対する考え方などを抽出して、商業振興と地域の街づくりとを両輪とした「商業まちづくり」の円滑な展開に向けた基礎資料とするために、「川崎市購買スタイル実態調査事業」を実施しました。

 ※なおこの事業は、平成16年度緊急地域雇用創出特別対策市町村補助事業を活用しています。

事業全体の概要

調査の概要、実施方法、サンプル構成など

 この調査事業は、市民の購買行動の把握を中心とした9種類の調査によって構成されています。ここでは事業全体の目的や各調査の方法、調査結果の標本構成を整理しています。
 また、プレ調査と位置づけた商業者及び生活者のグループインタビューの結果概要などを整理しています。

第1部 調査の概略

川崎市民の購買行動に関する調査

川崎市民の購買行動

 市民がよく行く買物場所(地区)やよく行く大型店等を区別・品目別に整理しています。

第2部 調査の結果報告

2-1.川崎市民の購買行動

 2-1-1.よく行く買物場所と行動特性

川崎市内11地区の評価

 市内11地区と東京・横浜の主な街の中から、市民の活動シーンごとに「よく行く街」・「行ってみたい街」をランキング。また市民の目から見て、市内11地区それぞれの現状の評価と、街の不満・立地店舗の不満を整理しています。

 2-1-2.川崎市内の主な街(商業地)に関する評価

身近な商店街等28地区の評価

 上記の11地区以外でよく利用する街についての現状評価と不満足点をまとめています。

川崎市民の買物に関する価値観調査(選好調査)

地域や消費に対するこだわり、考え方

 川崎市民の消費のこだわり、買物の仕方や好み、地域商業・商店街への想いなどを整理しています。

川崎駅周辺(中心市街地)における来街者の意識と行動に関する調査

立地企業の就業者のアフター5行動

 川崎駅西口周辺に立地する企業に協力していただき、就業者のアフター5や休日の行動特性、東口方面への出向状況、中心市街地の問題点や課題などを整理しています。

2-3.川崎駅周辺(中心市街地)における来街者の意識と行動

音楽目的の来街者の行動

 ミューザ川崎シンフォニーホールへの来場者による街(東口方面等)への立ち寄り状況、音楽とセットで過ごす街に対する意向などを整理しています。

西口付近の歩行者通行量

 川崎駅西口付近の4箇所にポイントを取り、シンフォニーホールでのコンサート開催状況にも合わせた平日2日間・休日2日間の歩行者通行量(15時間)を整理しています。

モデルエリア商店街に関する個店の意識と消費者意向についての調査

商業者の意識・考え方

 市内の南部・中部・北部の3ゾーンから、川崎銀柳街商業協同組合、モトスミ・ブレーメン通り商店街振興組合、生田中央商店会の3商店街を中心とする地区をモデルエリアとして、顧客が街の共同事業をどのように評価しているかの個店側の認識(来街者からの評価との比較)、組織的な取り組みや商店会活動への意向などを整理しています。

2-4.モデルエリア商店街に関する個店の意識と消費者意向

来街者による街の評価

 上記と同じモデルエリアにおいて、来街者が利用している店(業種)と評価、商店会組織についての認識、街の共同事業の評価、街全体の評価などを整理しています。

調査結果のまとめ[概要版] (その1~その6)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業振興部商業振興課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2352

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28syogyo@city.kawasaki.jp