スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

かわさき農産物ブランド品登録一覧表

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年10月16日

(平成23年1月1日現在)

野菜

キャベツ

キャベツの写真

久末のキャベツ

取扱期間
 4~7月、10~2月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 橘支店
 電話044-766-2228

特徴
 害虫であるコナガやヨトウムシなどの防除に、性フェロモン剤を利用することによって、直接植物に散布する農薬の使用回数を減らす栽培に取り組んでいます。
 主に市場に出荷されています。

ブロッコリー

ブロッコリーの写真

久末のブロッコリー

取扱期間
 4~6月、10月~2月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 橘支店
 電話044-766-2228

特徴
 害虫であるコナガやヨトウムシなどの防除に、性フェロモン剤を利用することによって、直接植物に散布する農薬の使用回数を減らす栽培に取り組んでいます。
 久末では主に市場に出荷、宮前では市場出荷、契約栽培、直売されています。

宮前のブロッコリー

取扱期間
 4~6月、10~2月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 宮前支店
 電話044-866-4231

特徴
 害虫であるコナガやヨトウムシなどの防除に、性フェロモン剤を利用することによって、直接植物に散布する農薬の使用回数を減らす栽培に取り組んでいます。
 久末では主に市場に出荷、宮前では市場出荷、契約栽培、直売されています。

トマト

トマトの写真

久末のトマト

取扱期間
 10月~5月、6~8月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 橘支店
 電話044-766-2228

特徴
 施設では桃太郎系の品種が、露地ではさまざまな品種が栽培されています。いずれも完熟で収穫するため、食味は良好です。
 主に市場出荷、契約栽培として出回っています。

宮前のトマト

取扱期間
 10月~5月、6月~8月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 宮前支店
 電話044-866-4231

特徴
 施設では桃太郎系の品種が、露地ではさまざまな品種が栽培されています。いずれも完熟で収穫するため、食味は良好です。
 主に市場出荷、契約栽培として出回っています。

岡上のトマト

取扱期間
 10月~5月、6月~8月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 柿生支店
 電話044-866-1131

特徴
 施設では桃太郎系の品種が、露地ではさまざまな品種が栽培されています。いずれも完熟で収穫するため、食味は良好です。
 主に市場出荷、契約栽培として出回っています。

黒川のトマト

取扱期間
 10月~5月、6月~8月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 柿生支店
 電話044-866-1131

特徴
 施設では桃太郎系の品種が、露地ではさまざまな品種が栽培されています。いずれも完熟で収穫するため、食味は良好です。
 主に市場出荷、契約栽培として出回っています。

だいこん

ダイコンの写真

宮前のダイコン

取扱期間
 10~5月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 宮前支店
 電話044-866-4231

特徴
 市場出荷、契約栽培、直売されています。葉つきで出荷されるものはほとんどありませんので、葉つきで買うことができるのは、直売ならではの楽しみです。

カリフラワー

カリフラワーの写真

久末のカリフラワー

取扱期間
 4~6月、11~1月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 橘支店
 電話044-766-2228

特徴
 害虫であるコナガやヨトウムシなどの防除に、性フェロモン剤を利用することによって、直接植物に散布する農薬の使用回数を減らす栽培に取り組んでいます。
 主に市場に出荷されています。

ほうれんそう

ホウレンソウの写真

全域のほうれんそう

取扱期間
 通年

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 営農課
 電話044-877-2509

特徴
 朝採りが特徴です。
 冬の限られた時期を除き朝採りされます。直売で買ったものは、採れたその日のうちに食べることができるのです。

こまつな

コマツナの写真

全域のこまつな

取扱期間
 通年

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 営農課
 電話044-877-2509

特徴
 朝採りが特徴です。
 冬の限られた時期を除き朝採りされます。直売で買ったものは、採れたその日のうちに食べることができるのです。

たまねぎ

タマネギ(湘南レッド)の写真

橘の湘南レッド

取扱期間
 6月上~7月中

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 橘支店
 電話044-766-2228

特徴
 湘南レッドは神奈川県園芸試験場で育成された生食用のタマネギです。鮮やかな赤色と、普通のタマネギに比べて辛味、刺激臭が少なく、甘味と水分に富んでいるのが特徴です。

のらぼう菜

のらぼう菜の写真

菅ののらぼう菜

取扱期間
 2月下~4月下

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 菅支店
 電話044-944-3101

特徴
 多摩区菅地区の農家が江戸時代から代々受け継いできたあぶらな科の野菜で、花茎の部分を食します。甘味と風味に富み、ナバナに比べて苦味が少ないのが特徴です。

きゅうり

きゅうりの写真

岡上のきゅうり

取扱期間
 9月~12月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 柿生支店
 電話044-988-1131

特徴
 主に市場出荷されますが、一部直売所でも買うことができます。ほとんどの野菜は採れたてが美味しく、きゅうりは特にその傾向が強いです。

黒川のきゅうり

取扱期間
 7月~12月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 柿生支店
 電話044-988-1131

特徴
 主に市場出荷されますが、一部直売所でも買うことができます。ほとんどの野菜は採れたてが美味しく、きゅうりは特にその傾向が強いです。

果実

なし

なしの写真

多摩川梨

取扱期間
 8月~10月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 営農課
 電話044-877-2509

特徴
 市内で生産されたナシは、「多摩川梨」と呼ばれ、栽培は歴史が古く、江戸時代の初期から栽培されていた記録があります。
 昔は、長十郎の産地として有名でしたが、現在はさまざまな品種が栽培されています。

うめ

うめの写真

生田の梅

取扱期間
 5月~6月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 生田支店
 電話044-911-3154

特徴
 白加賀などの実の大きい品種が主に栽培されています。市場出荷されますが直売でも買うことができます。梅酒用には青い果実、梅干用には熟して黄色っぽくなった果実が適します。

メロン

メロンの写真

宮前メロン

取扱期間
 6月下~7月上

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 宮前支店
 電話044-866-4231

特徴
 宮前メロンは、アールス系の品種です。アールス系のメロンは、マスクメロンと呼ばれており、網目の美しい外観と、上品な香り、ねっとりとした食感と甘さが特徴で、贈答用として人気があります。

かき

かき(禅寺丸)の写真

柿生禅寺丸柿

取扱期間
 10~11月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 柿生支店
 電話044-988-1131

特徴
 鎌倉時代〔建保2年(1214年)〕に、麻生区王禅寺の山中で偶然発見された禅寺丸は、日本で最初の甘柿とされています。
 小粒ながら甘味が強いのが特徴です。

花き

パンジー

パンジーの写真

中原区のパンジー

取扱期間
 11~3月

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 中原支店
 電話044-866-5911

特徴
 中原区では地掘り栽培という方法でパンジーが栽培されてきました。今ではポット栽培が主流となっています。
 地掘り栽培の苗は花壇に移した後の生育がいいこと、ポット栽培の苗は移動が楽なことが特徴です。

はなもも

はなももの写真

馬絹の花桃

取扱期間
 1月下~2月下

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 宮前支店
 電話044-866-4231

特徴
 宮前区馬絹での花栽培の歴史は古く江戸時代中期にさかのぼります。
 枝物の荷造り「枝折(しおり)技術」は関東屈指とされており、枝折(しお)った枝物の荷姿は非常に美しく芸術品といえます。

こぎく

こぎく写真

馬絹の小菊

取扱期間
 6~7月、10月~11月

問い合わせ先
 川崎市農業技術支援センター
 電話044-945-0153

特徴
 馬絹の花き栽培は江戸時代末期とされています。現在は、古い伝統と篤農家の研究により、品質の良い露地物の小菊が栽培されており高く評価されています。

シクラメン

シクラメンの写真

全域のシクラメン

取扱期間
 11月中~1月上

問い合わせ先
 川崎市農業技術支援センター
 電話044-945-0153

特徴
 種播きから約1年をかけて栽培されます。
 主に直売されますが、栽培した生産者が販売するため、買った後の管理まで丁寧に教えてもらえ、花の期間を長く楽しめます。また、1,000以上ある鉢の中からお気に入りを探せるのは直売ならではのことです。

加工品

ワイン

禅寺丸柿ワインの写真

柿生禅寺丸柿ワイン

取扱期間
 12月~

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 柿生支店
 電話044-988-1131

特徴
 名前のとおり禅寺丸柿を使って作られたワインです。
 甘さをおさえた飲みやすいワインとなっています。

梅干

梅干しの写真

生田の梅干

取扱期間
 通年

問い合わせ先
 JAセレサ川崎 生田支店
 電話044-911-3154

特徴
 ブランド品である生田の梅を使用し、昔ながらの製法により、手作りで作られた梅干です。
 また、減塩の梅干など健康に配慮したものも作られています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局都市農業振興センター農業振興課

〒213-0015 川崎市高津区梶ヶ谷2-1-7

電話:044-860-2462

ファクス:044-860-2464

メールアドレス:28nogyo@city.kawasaki.jp