スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

竹内三郎 円筒研削技能士 角丸金属有限会社 川崎市川崎区 平成17年度認定かわさきマイスター 

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年8月29日

かわさきマイスターのシンボルマーク

かわさきマイスターのシンボルマーク

ものづくりの原点である手をモチーフに、その発展を花の開花、鳥の羽ばたきの形で表現しています。

竹内三郎(たけうちさぶろう)

平成17年度認定かわさきマイスター 職種:円筒研削技能士 川崎市川崎区

竹内三郎さん顔写真

円筒研削盤により、タングステン・コバルト等の超硬合金や鋼鉄等を公差±0.001ミリ以内に加工する技能を保持している職人である。旋盤、平面研削盤、円筒研削盤、工作機械メーカーと共同開発したNC付のスライス機械等を使いこなし、ミクロン単位の細密かつ精密な部品である自動車部品製作に関わるゲージ、治具、工具や電子部品に関わる精密金型部品などを作っている。年代物の旋盤も綺麗に手入れされ、清潔に整備された工場で技能の継承にも熱心に取り組んでいる。又、ホーチミン職業訓練短期大学にて指導を行っている。
川崎区在住。角丸金属有限会社代表。


 

仕事をはじめたきっかけは

家内の父親の跡を継いで、私は2代目です。結婚する前はある電気メーカーの社員で都内のデパートの電気製品売り場に派遣され、商品の販売をしていました。たまたまお父さんが怪我をされ見舞いに行った時、工場の雰囲気がいかにも町工場風で暗かったものですから、何とか明るくしようとやっているうちにお父さんに見込まれてしまったのです。もともと電気屋ですから、照明関係はお手のもので31歳の時、結婚して跡を継ぎました。

 

仕事をする上で1番おもしろいと感じることは

弊社が扱う製品はミクロン単位(千分の1ミリメートル)の寸法で納めなければならないものばかりですから、精度を高める技術がだんだんレベルアップしていくに従って、その目標を達成するのが楽しいですね。1つひとつ難題をクリアしながら腕を上げていくわけです。測微計(マイクロメーター)と呼ばれるサブミクロン(1万分の1ミリメートル)のゲージを使って、ミクロン単位の計測をします。

 

長年、継続して技能研鑽に努めることができた理由は

技能とは底が深いものなので、極めることは難しく、常に継続して研鑽に励むことが欠かせません。それと若い人の育成ですね。昔のように教えないで見させるだけで職人にするには10年はかかりますが、きちんと教育すれば3年で1人前になります。私の場合は、やらせてみて、指導して、要するに長期でやることを短期でまとめることができるのです。見て覚え、後は自分で考える。それにプラスアルファが付いてきます。うちの場合、そのプラスアルプスというのは外で教育を受けるということです。外から新しいものを入れないと、社内以上のレベルにはならないわけです。

 

竹内さんが自分自身で誇れる技術は

やはり円筒研磨で寸法を入れる技術ですね。ミクロン以下の研磨に自信を持っています。それでマイスターの称号をいただいたわけですが、いくら機械で磨いても完全な真ん丸ではなく、ミクロン以下の楕円が出ますので、それを最後は手で磨いて修正する必要があります。熟練すればできることで、長年の経験とあとは勘ですね。
竹内さん作業風景写真
竹内さん作業風景写真2
竹内さん作業風景写真3

ものづくりの魅力とは

素材が変化していく工程がなんとも言えない魅力です。ゼロからものを作り上げる(製品を作り上げる)ことで自分の存在が品物に写るという感じですね。体調が悪かったり嫌なことがあったりすると、寸法が荒れるなど製品にもろに影響が出ます。ミクロン単位になると呼吸を止めるのですが、そこで乱れてしまうのですね。

 

今後、ものづくりを目指す方へ

日本は資源が少ないので、ものづくりをしないと生きていけませんから、ぜひこの世界に入ってきてほしいですね。そのレールを私たちが作っていきます。また、ものづくりというのは日本の中だけに囲っていてはいけないのです。海外に出して、同時に外からも技術を吸収することが必要です。

 

下記サイトでは竹内さんの技術を動画やマンガでお伝えしています

平成17年度認定かわさきマイスター 竹内三郎さん(円筒研削技能士) (Youtube動画外部サイトへリンクします

竹内三郎さん紹介マンガ (PDFデータ

問合せ先

角丸金属有限会社

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局労働雇用部 技能奨励担当

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル6階

電話:044-200-2242

ファクス:044-200-3598

メールアドレス:28roudou@city.kawasaki.jp