スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

鈴木貞吉 難切削特殊加工 サンテック株式会社 川崎市川崎区 平成18年度認定かわさきマイスター 

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年8月29日

かわさきマイスターのシンボルマーク

かわさきマイスターのシンボルマーク

ものづくりの原点である手をモチーフに、その発展を花の開花、鳥の羽ばたきの形で表現しています。

鈴木貞吉(すずきていきち)

平成18年度認定かわさきマイスター 職種:難切削特殊加工 川崎市川崎区

鈴木貞吉さん顔写真

普通旋盤を主体とする難切削・特殊加工が得意で、S45C等の一般材だけでなくHRC55以上の難削材の加工を公差プラスマイナス0.01ミリの精度で加工している。加工に際しては削る音を聞くだけで、また、金属表面に現れる模様を見て、工具の寿命や切削条件等を見極めることができる。また、旋盤の分解修理も可能であり、あらゆるトラブルの問題解決ができるという点にも長年の熟練者としての素晴らしさがある。
川崎区在住。サンテック株式会社勤務。

仕事をはじめたきっかけは

実は、本当は大工になりたいと思っていたんですが、左利きで恥ずかしいと思って大工は目指さなかったんです。福島で生まれて、千葉に移り済み、そのときは戦車のバルブ専門の会社に勤めていました。軍事製品では精度がとても重要です。
東京に出てくればなんとかなるという思いで、千葉から東京に来ました。バルブからボールねじの時代になりました。それでこの会社の設立につながったのです。

 

仕事をする上で1番おもしろいと感じることは

私は削るのが仕事です。それが、図面通り決まれば嬉しいです。そのために、最初と最後の工程を丁寧に行います。そうすればキチッと仕上がります。

 

長年、継続して技能研鑽に努めることができた理由は

私の親は牛の馬車引き(運送屋)をやっていたので、自分も運送屋をやろうかと思ったときはありました。でも、この世界にずっと身をおいています。それは妻のおかげです。大きな病気をしなかったので、長く続けてこられました。
ケガはたくさんしています。勲章だと思っていますが、ケガをしないように気をつけています。

 

鈴木さんが自分自身で誇れる技術は

削りにくい材料でも、プラスマイナス0.01ミリの精度で加工します。ステライトほど堅いものはないのですが、そのステライトを削っていましたから、大抵のものはできるようになりました。
非常に細かい仕事ですが、大抵は音で判断することができます。目と耳、そして勘に頼ることもあります。

鈴木さん過去の製作物写真
鈴木さん製作物写真
鈴木さん手作り工具の写真

ものづくりの魅力とは

やはり、自分で考えて作ったものは面白いですよ。難しいものほどやる気が出ます。バルブだけではなく、技術を活かして、ノベルティや新しい商品にも取り組んでいます。

 

今後、ものづくりを目指す方へ

3年続けることができれば、ずっと続けられます。少し嫌なことがあっても、我慢して続けることも必要です。いまは昔とは教え方も変わりました。若い人にやる気を起こさせるには、頭から言わず、怒らずに褒めることが大切だと思います。上手に人を使うというのは難しいものですね。

 

鈴木さんの技術を下記サイトでは動画やマンガでお伝えしています

平成18年度認定かわさきマイスター 鈴木貞吉さん(難切削特殊加工) (Youtube動画外部サイトへリンクします

鈴木貞吉さん紹介マンガ (PDFデータ

問合せ先

サンテック株式会社

  • 川崎区大川町11-13
  • 電話 044-322-5583
  • ファクス 044-322-5574
  • 営業時間 午前8時00分~午後5時00分
  • 休み 土・日・祝

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局労働雇用部 技能奨励担当

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル6階

電話:044-200-2242

ファクス:044-200-3598

メールアドレス:28roudou@city.kawasaki.jp