スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

購入したペットが病気だった。ペットショップに補償を求めたい。

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年4月27日

相談事例

いいカモ

【相談事例1】
 ペットショップで生後4か月の猫を18万円で購入した。3か月が経った頃、猫の歩き方がおかしいことに気づき動物病院で診察を受けたところ、先天性の骨の病気と診断され、手術をしても治らないと言われた。飼っている猫を手放したくないが、継続した治療費が負担だ。先天性の病気の猫を販売したペットショップに治療費の補償を求めたい。

【相談事例2】
 数日前にペットショップで子犬を20万円で購入した。購入時「病気はない」と言われたが、その夜から咳をするので、翌日直ぐにショップに連絡したら、動物病院に連れて行ってくれた。そこで「肺炎」及び「先天的に足を脱臼しやすい体質」と診断された。店長は、説明不足を認め「返品に応じる。返品しない時は、肺炎の治療費と、今後足の脱臼で手術が必要になったら、手術代の半額を負担をする」と提案されたが、不満だ。子犬は返したくないが、今後の治療費や慰謝料として、購入代金全額を返金して欲しい。

アドバイス

てるみ~にゃ

●長く続くペットブームを背景に、ペットショップで犬や猫のペットを購入する消費者も多くなり、ペット購入をめぐるトラブルも依然として寄せられています。購入後早期にペットが病気になったり死亡したので、代金の返金や治療費を求めたいが、代金や治療費の一部しか補償してくれない等が主なトラブルです。


●ペットの販売は、「動物愛護管理法(平成25年9月改正)」で規制されています。

(1)ペットの販売は、登録業者しか認められず、ショップ内に登録番号等の標識を掲示する義務があります。

(2)インターネット販売等、実物を見せないまま販売すること、生後56日(8週齢)に満たない犬や猫の販売、展示は禁止されています。(ただし、2016年8月31日までは生後45日を期限とする。)

(3)事業者は、販売時にペットの飼育方法や病歴等、重要事項説明書を交付して説明する義務があります。


●事例のように購入後病気になり、医師の診断で購入前から既に病気を発症していた、先天的な欠陥を持っていたと言える場合は、原則契約の解除や治療費の請求をすることができると思われます。(瑕疵担保責任等)ただし、契約書の特約で、治療費に対して制限を設けている場合があります。また、病気等のトラブルが起きた際の規定を定めている「生体保証」等の保証がある契約もありますが、保証範囲が限定されているので注意が必要です。なお、こうした特約が消費者の利益を一方的に害するものであった場合、その特約は、消費者契約法により、無効となります。

●ペットの購入前には、登録の標識をショップ内で確認し、何度かショップに足を運び、ショップ内の衛生管理やペットの様子等も観察しましょう。


●ペットの購入時には、飼育方法や病歴の有無等の説明を聞き、不明な点は質問して、契約書に記載がない口約束は、契約書に付記を求めましょう。契約書の特約や保証範囲を十分に確認しておくことも大切です。

●ペットの購入は、命のある動物の購入であることを認識し、消費者はペットを購入前に、終生飼育できる環境にあるか、病気になった時に治療費を支払う経済的余裕があるか、また家族にアレルギーの人はいないか等を確認して、慎重に購入を判断しましょう。

●ペットの購入に関してトラブルになった時は、川崎市消費者行政センターに相談してください。

その他の相談事例はこちらから
http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/16-6-8-2-7-0-0-0-0-0.html

ここに掲載する相談事例は、当時の法令や社会状況に基づき、一つの参考例として掲載するものです。
同じような商品・サービスに関するトラブルでも、個々の契約等の状況や問題発生の時期等が異なれば、解決内容も違います。

 


身に覚えのない請求書が携帯やパソコンのメールに来たら無視しましょう。
困ったときはすぐに、消費者行政センターにご相談ください。
=============================

   【川崎市消費者行政センター】
   電話044-200-3030
   月~金曜日(祝日は除く)9時から午後4時まで
   金曜日は電話相談のみ午後7時まで

   土曜日は電話相談のみ10時から4時まで      
   (区役所での予約出張相談もお受けしています。)                               
=============================

発行・編集 川崎市消費者行政センター
許可なく記事を転用することを禁じます。

「かわさき消費生活メールマガジン」配信中!

かわさき消費生活メールマガジンでは、「いまどき相談事例」を月1回、
その他消費生活関連情報を不定期にお送りしております。是非、ご登録ください!

かわさき消費生活メールマガジンはこちら

相談窓口はこちら!

消費生活について疑問・心配なことがあるときは、お気軽にご相談ください!

相談窓口はこちら!

【注意】

 この情報は、近時における契約トラブルの未然防止を目的として提供しているものです。一定期間掲載した後、状況判断のうえ、順次 削除いたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部消費者行政センター

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-3864

ファクス:044-244-6099

メールアドレス:28syohi@city.kawasaki.jp