スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

タレント等の芸能活動のために必要と言われて高額な契約をしてしまった。

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年1月24日

相談事例

いいカモ

【相談事例1】

 ネットでエキストラの募集を見つけて、芸能事務所の説明会に出かけた。そこで「映画出演のオーディションを受けてみないか」と誘われたので、軽い気持ちで応募することにした。その日のうちに実技審査を受け、数日後に事務所で最終面接を受けたあと「合格したので36万円の実技コースのレッスンを受けてもらう」と言われた。お金がかかることに驚いたが「たくさんの中から選ばれたチャンスだ」と言われて、レッスン料を分割払いにすることにして、契約書に署名した。帰宅して冷静になってみると、高額なレッスン料を支払うのが不安になった。今から解約したいがどうすればいいか。

【相談事例2】

 19歳大学生、仲間とバンドを組んでいる。たまたまネットで見つけた音楽事務所のオーディション会場に一人で行ったところ、参加していたレコード会社から「当社に所属するとライブ会場の手配やレッスン料、レコーディング費用が無料になる」と言われた。「作製するCD180枚を買い取る費用として45万円の負担が必要だが、売れれば180枚分の費用なんてあっという間に回収できる」と言われて納得して契約した。しかしバンドのメンバーに話すとそんな甘い話は信用できないと言われ、やっぱり取り消したくなった。どうすればいいか。

アドバイス

てるみ~にゃ

●以前は、街でスカウトマンに声をかけられ、芸能事務所に連れて行かれて契約をしたという相談が多かったのですが、最近は、パソコンやスマートフォンで検索したり、SNSの広告を見て、自分から連絡を取ったことがきっかけになるケースが多くなっています。


●街で声をかけられて芸能事務所に連れて行かれ、その場で契約してしまったような場合は、いわゆるキャッチセールスにあたり、契約書面を受け取ってから8日間は、クーリング・オフで契約を解除することが可能です。


●しかし、自分でネット等からオーディションに応募したり、自分からオーディション会場に出かけて行ったりした場合には、法律上のクーリング・オフの適用がない場合もあります。

●契約する前に、契約書にクーリング・オフの記載があるかどうか、タレントや俳優等の仕事が約束されているか、解約料についてどのように書かれているかをしっかり読んでみましょう。


●タレントや俳優は、事務所に所属してレッスンを受けても、成功するのは一部の人であるという現実を受け止め、はじめに高額な費用が必要だとわかったら、その場で契約をせずに家族や周りの人に相談するなど、慎重に判断しましょう。


●事例2の相談者は未成年なので、「未成年者契約の取消」が可能と思われます。民法で「未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は、取り消すことができる」と定められており、本人か法定代理人(多くの場合、両親)のどちらかが「契約を取り消したい」と言えば、原則として取り消すことができます。

●少しでも契約に不安があれば、きっぱりと断る勇気が必要です。契約をしてしまった場合でも、早めに川崎市消費者行政センターに御相談ください。

 

※民法の成年年齢引き下げについて
現在、民法上の成年年齢を20歳から18歳に引き下げようという議論が活発になっています。成年年齢が18歳になると、今まで保護されていた18歳と19歳の人の契約は、「未成年者契約の取消」ができなくなります。

その他の相談事例はこちらから
http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/16-6-8-2-7-0-0-0-0-0.html

ここに掲載する相談事例は、当時の法令や社会状況に基づき、一つの参考例として掲載するものです。
同じような商品・サービスに関するトラブルでも、個々の契約等の状況や問題発生の時期等が異なれば、解決内容も違います。

身に覚えのない請求書が携帯やパソコンのメールに来たら無視しましょう。
困ったときはすぐに、消費者行政センターに御相談ください。

======================

【川崎市消費者行政センター】
 電話044-200-3030
 月~金曜日(祝日は除く)午前9時から午後4時まで
 金曜日は電話相談のみ午後7時まで
 土曜日は電話相談のみ午前10時から午後4時まで      
 (区役所での予約出張相談もお受けしています。)
======================

発行・編集 川崎市消費者行政センター
許可なく記事を転用することを禁じます。

 

「かわさき消費生活メールマガジン」配信中!

かわさき消費生活メールマガジンでは、「いまどき相談事例」を月1回、
その他消費生活関連情報を不定期にお送りしております。是非、御登録ください!

かわさき消費生活メールマガジンはこちら

相談窓口はこちら!

消費生活について疑問・心配なことがあるときは、お気軽に御相談ください!

相談窓口はこちら!

【注意】

 この情報は、近時における契約トラブルの未然防止を目的として提供しているものです。一定期間掲載した後、状況判断のうえ、順次 削除いたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部消費者行政センター 啓発係

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-3864

ファクス:044-244-6099

メールアドレス:28syohi@city.kawasaki.jp