第21回かわさき産業デザインコンペ 開催結果

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年2月7日

デザインコンペロゴ

第21回かわさき産業デザインコンペについて

第21回かわさき産業デザインコンペは、デザインを活用した市内産業の活性化を目指し「技術の裏づけ、生活の潤い」をテーマ開催をいたしました。川崎市内企業の協賛により6つの課題について作品を募集し、93点の応募作品から第1次審査と、(一社)日本デザイン保護協会による意匠権調査を経て、グランプリ候補作品7点、入選作品9点を選出しました。

2017年1月24日、川崎市産業振興会館において、グランプリ候補作品7点のモデル及びプレゼンテーションによる公開審査会の結果、グランプリ等各賞が選定されました。現在、応募作品の商品化について、入賞作品を中心に協賛企業と協議が進められています。

  •  テーマ:技術の裏づけ、生活の潤い 
  •  日程:第1次審査 2016年9月28日(水) / 最終(公開)審査2017年1月24日(火)
  •  会場:川崎市産業振興会館
  •  審査:第1次審査-パネルとデザインコンセプトによる審査
    最終審査-第1次審査通過者が制作したモデル及びプレゼンテーションにより公開審査を行い、各賞を選定。
  • 主催:川崎市
  • 事務局:(株)ビートップツー
  • 後 援:経済産業省関東経済産業局 / 神奈川県 / 公益財団法人神奈川産業振興センター / 公益財団法人川崎市産業振興財団 / 公益財団法人日本デザイン振興会 / 一般社団法人日本デザイン保護協会 / 公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 / 公益社団法人かながわデザイン機構 / 特定非営利活動法人キッズデザイン協議会

審査委員

審査委員長
 森山 明子 武蔵野美術大学デザイン情報学科 教授/デザインジャーナリスト

副委員長
 倉方 雅行 和光大学表現学部芸術学科長/教授/プロダクトデザイナー

審査委員
 髙橋 正実 MASAMI DESIGN co., ltd.代表取締役/クリエイティブディレクター、アートディレクター、デザイナー
 戸谷 毅史 東海大学教養学部長・大学院芸術学研究科長/教授/インダストリアルデザイナー
 武者 廣平 株式会社武者デザインプロジェクト 代表取締役/ユニバーサルデザイナー
 

課題/協賛(課題提出)企業

課題A. 純マグネシウム製ワイン・日本酒グッズ ~ワイン・日本酒の新たな楽しみ方の提案~(株式会社マクルウ)
・ワインや日本酒に、純マグネシウムを数秒間浸すと味の変化が起きる。この現象を活かすことのできるグッズ
・マグネシウムの素材感と高級感が両立するデザイン

  • 素材:純マグネシウム(純度99.95%)の棒材、パイプ材、板材
    酒類に浸す部分以外には、表面処理を施すか異素材と組み合わせることも可能
    参考素材価格 φ6mm × 150mm(丸棒)で200円程度
  • 加工方法:っ曲げ加工やプレス加工などの塑性加工または切削加工
  • 製品サイズ:応募者の自由とする(ワイン / 日本酒に浸す部分の面積は、最低30平方ミリメートル)
  • 想定小売価格:5,000円~10,000円程度(ワイン用または日本酒用のみの応募も可)
課題B. 日本を感じさせる石製のインテリアグッズ(株式会社冲セキ)
・石の質感や存在感を活かしたインテリアグッズ
・海外から訪れた観光客が日本を意識できるデザイン
  • 素材:大理石を除く石材全般
  • 加工方法:本磨き、水磨き、バーナー、ビシャン、小叩き等
    (その他、石材への彫刻も可)
  • 製品サイズ:応募者の自由とする
  • 想定小売価格:10,000円以内
課題C. 摩擦圧接技術が産み出す新しい生活用品  (株式会社大矢製作所)
・異種金属を摩擦圧接技術を用いて接合し、切削加工等を施すことで産み出される生活用品(アクセサリー等も含む)
・異種金属の組み合わせを楽しめるデザイン
  • 組み合わせ可能な金属材料:アルミ(Al)・ステンレス(SUS)、銅及びリン青銅(Cu)
  • 金属の組み合わせ:Al-Cu、SUS-Cu、Al-CU-SUS Cuを介することでバリエーションの展開が可能
  • 摩擦圧接により「円柱-円柱(φ45mm以下)」、「パイプ-パイプ(φ65mm以下)」、「円柱-パイプ(φ45mm以下)」(いずれも長さ30mmから500mm)の接合が可能
  • 加工方法:摩擦圧接をした上記素材を切削加工
  • 製品サイズ:応募者の自由とする
  • 想定小売価格:50,000円以内

課題D. 切削加工技術を活かした、オフィスや家庭で使用するプロダクト (株式会社浅田製作所)
・アルミ、ステンレス、鉄を素材として、切削技術等の一般的な金属加工技術により製作するオフィスや家庭で使用するプロダクト
・アルミやステンレスの冷たさ、鉄の質感を活かしたデザイン

  • 素材:アルミ、ステンレス、鉄を主材とし、他の素材を補助的に使用することも可
    (素材サイズ:800mm × 800mm程度まで加工可能)
  • 加工方法:切削加工を中心に、溶接等の一般的な金属加工
  • 製品サイズ:応募者の自由とするが、可搬性や想定小売価格を考慮すること
  • 想定小売価格:30,000円~100,000円程度

課題E. 保育園・幼稚園で使用する木製スタッキングチェア (ケンラックシステム株式会社)
・木の温もりが感じられる、保育園・幼稚園にふさわしいスタッキングチェア
・使用時に安全性が高く、重ねて収納する際の安定性が高いデザイン

  • 素材:木の種類は自由(単一素材でなくても可)。金具等、他の素材を補助的に使用することも可
  • 加工方法:一般的な木材加工技術。表面仕上げは素材感を活かしたクリア塗装に限る
  • 製品サイズ:園児1人が座ることを想定し、座面高さ180mmから200mm程度とする
  • 想定小売価格:10,000円以内

課題F.「金属の板で作る立体パズル・立体オブジェ  (株式会社ヒラミヤ)
・平面である金属の板をパズルのように組み合わせて、立体を作るキット
・自分で組み立てる楽しみ、完成した時の喜びを体感できるデザイン

  • 素材:炭酸ガスレーザー切断機で加工可能な金属の板(厚さ0.2mmから12mm)を使用して加工できること(純アルミ・純銅は不可)
  • 加工方法:板の表面は素地のママでも、メッキ、塗装他の処理でも可
  • 製品サイズ:オブジェとして組み立てた際のサイズは幅300mm × 奥行400mm × 高さ250mm程度とする
  • 想定小売価格:10,000円~30,000円程度

入賞作品

入賞作品詳細はこちらのページを御覧ください
第21回かわさき産業デザインコンペ入賞作品一覧

高校生部門はこちら

作品募集リーフレット

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局イノベーション推進室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 フロンティアビル10階

電話:044-200-0168

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28innova@city.kawasaki.jp