スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

気を付けて!「フリマアプリ」のトラブル

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年3月24日

相談事例

いいカモ

【相談事例1】買主側のトラブル

 スマートフォンのフリマアプリで有名ブランドのコートを購入した。商品が届いたが、偽物のような気がした。出品者に「本物の証明をしてほしい」と求めたが、「大手百貨店に入っているブランド店で購入したから本物だと認識している。」との返事だった。大手百貨店にコートを持参して本物か確認したが、「当店では判断していない」と言われて、真偽を確かめることもできず困っている。

【相談事例2】売主側のトラブル

 フリマアプリで「多少キズ、汚れあり」と商品説明を入れてブランドバッグを出品した。購入者に値切られて、当初より安く1万円で売ることになり商品を発送した。数日後、相手から「キズやほつれがあって使えない」と返品の申し出があった。「商品説明に問題はなく、キズやほつれも少しで、使用に差し障りはない」と返事をしたが、脅すようなメールが送られてきたので返品に応じることにしたが、返品の送料も負担しないと言われ納得できない。

アドバイス

てるみ~にゃ

●フリマアプリは、インターネットで実際のフリーマーケットのように出品、購入ができるアプリケーションです。スマートフォンやタブレットで手軽に売買できるため、若い人を中心に使われていますが、最近では幅広い世代に利用が広がっています。

 

※取引の流れ(一例)
(1)フリマアプリをダウンロードして登録。
(2)売りたい商品の写真を撮り、価格や商品の特徴を入力して出品。
(3)商品を見て買いたいと思った人から、「購入申請」が届く。
(4)購入者の情報を確認して、売っても良い相手と判断したら、購入申請を承認する。
(5)購入者が代金をフリマ運営会社に支払うと、出品者に入金通知が届く。
(6)その通知を受け、出品者が商品を発送する。
(7)購入者が受取りの手続きをすると、定められた手数料を差し引いて金額を受け取る。


●多くのフリマアプリでは、購入者が支払った代金を一旦運営会社が預かり、商品が購入者に届いてから出品者に支払うシステムになっています。代金のやり取りが個人間ではないため、入金したのに商品が届かない、商品を送ったのに入金されないというトラブルが減少すると言われています。


●しかし、手軽に利用できて取引に安心感がある一方、「届いたブランド品が偽物だった」「説明にないキズがあった」「写真と色が違っていた」など、商品が届いてからのトラブルも少なくありません。

●フリマアプリでは、運営会社が代金や品物のやりとりを仲介しますが、「取引の場を提供している」との立場です。基本的に個人間の取引となるため、トラブルが発生した場合は、当事者間で解決するのが原則となっています。事例1・事例2の場合も、原則、当事者間で話し合って解決することになります。


●トラブルを避けるため、フリマアプリで取引をする際は、利用規約をよく読み、出品者が設定したルールの確認や商品、送料などについての情報収集をしっかり行うことが大切です。また、取引相手の履歴やプロフィール、評価欄などの確認のほか、メッセージのやり取りなどで疑問点を解消することも大切です。


●消費生活センターは、本件のような個人間の取引で起きたトラブルはあっ旋ができませんので、フリマアプリを利用する際には、注意点をふまえて上手に利用しましょう。

 

その他の相談事例はこちらから
http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/16-6-8-2-7-0-0-0-0-0.html

ここに掲載する相談事例は、当時の法令や社会状況に基づき、一つの参考例として掲載するものです。
同じような商品・サービスに関するトラブルでも、個々の契約等の状況や問題発生の時期等が異なれば、解決内容も違います。

身に覚えのない請求書が携帯やパソコンのメールに来たら無視しましょう。
困ったときはすぐに、消費者行政センターに御相談ください。

======================

【川崎市消費者行政センター】
 電話044-200-3030
 月~金曜日(祝日は除く)午前9時から午後4時まで
 金曜日は電話相談のみ午後7時まで
 土曜日は電話相談のみ午前10時から午後4時まで      
 (区役所での予約出張相談もお受けしています。)
======================

発行・編集 川崎市消費者行政センター
許可なく記事を転用することを禁じます。

 

「かわさき消費生活メールマガジン」配信中!

かわさき消費生活メールマガジンでは、「いまどき相談事例」を月1回、
その他消費生活関連情報を不定期にお送りしております。是非、御登録ください!

かわさき消費生活メールマガジンはこちら

相談窓口はこちら!

消費生活について疑問・心配なことがあるときは、お気軽に御相談ください!

相談窓口はこちら!

【注意】

 この情報は、近時における契約トラブルの未然防止を目的として提供しているものです。一定期間掲載した後、状況判断のうえ、順次 削除いたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部消費者行政センター 啓発係

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-3864

ファクス:044-244-6099

メールアドレス:28syohi@city.kawasaki.jp