消費者市民社会について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年11月10日

消費者市民社会とは

一人一人の消費者が、消費を個人の満足等だけではなく、社会、経済、環境に広く影響を及ぼすという認識のもと、周りの人々や、将来生まれる人々の状況、内外の社会経済情勢や地球環境にまで思いをはせて生活し、社会の発展と改善に積極的に参加する社会を意味します。

平成29年度からの川崎市消費者行政推進計画の中に定めた消費者教育推進計画では、消費者市民社会の形成に向けた消費者教育の推進を掲げており、消費者市民社会について、市民の皆様の関心と理解を深めるための啓発を行っていくこととしています。

消費者市民社会の実現に向けた具体的な行動の例

●環境負荷ができるかぎり少ない商品を選んで購入する

●発展途上国で生産されたもので、適正な価格で公正に取引された商品を購入する

●地域の経済や伝統文化を支える商品を購入する

●余計なサービスは断る

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部消費者行政センター 啓発係

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-3864

ファクス:044-244-6099

メールアドレス:28syohi@city.kawasaki.jp