現在位置:

痩身効果を標ぼうする景品表示法に基づく措置命令について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年11月8日

葛の花由来イソフラボンを機能性関与成分とする機能性表示食品の景品表示法に基づく措置命令について

消費者庁は、平成29年11月7日付けで、葛の花由来イソフラボンを機能性関与成分として、痩身効果を標ぼうする機能性表示食品の販売事業者16社(以下「16社」といいます。)に対し、16社が供給する機能性表示食品の表示について、景品表示法に違反する行為(同法第5条第1号(優良誤認)に該当)が認められたことから、同法第7条第1項の規定に基づき、措置命令(別添1~6参照)を行いました。

詳細は、下記の消費者庁の発表資料と別添資料を御確認ください。

葛の花由来イソフラボンを機能性関与成分とする機能性表示食品の景品表示法の基づく措置命令について

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部消費者行政センター

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2262

ファクス:044-244-6099

メールアドレス:28syohi@city.kawasaki.jp