視覚障がい者歩行誘導ソフトマット 歩導くん ガイドウェイ

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年4月25日

認証年度 2017年度(KIS2017-05)

みんなが安心して移動できる誘導路です

MyCane2

製品価格 5,940円~(税込み)

製品概要

 屋内における視覚障がい者の誘導路としての機能を保持しつつ、誘導ブロックが設置されていることがバリアとなる可能性のある、車椅子や高齢者といった方々へも配慮した、みんなにやさしいユニバーサルデザインの商品です。表面に行き先案内等を印刷でき、健常者も有効活用できます。視覚障がい者は凹凸のカタチの代わりに、白杖でたたく時の音や感触の違いや、足から伝わるソフトな感触で誘導路を認識します。

開発背景

 病気で視力を失い、家族や介助の手を借りないと移動もままならないことが悔しくて情けなかった。そんな開発者の想いから、凹凸のない誘導ソフトマットを考案。盲学校や障がい者協会などの協力のもと、誰でも安心して利用できる「視覚障がい者歩行誘導ソフトマット」を開発しました。凹凸がないので車椅子や高齢者、ベビーカーや点滴台などの移動もスムーズで公共性の高い場所での視覚障がい者の誘導に役立ちます。

開発の意義

 視覚障がい者誘導路としての性能を確保しつつ、移動弱者に対するバリアとならない誘導路であることで、多様性のある社会を足元から支えます。また、交差点はおよそ40cmの空間を空けることで表現します。危険な箇所(階段の手前など)にのみ従来の警告ブロックを使用することで視覚障がい者にとってもより安全な屋内空間となります。従来の誘導路に比べて色彩豊かで、視覚障がい者(特に弱視・色覚障害の方)に見えやすい色調を選択しながら誘導路と空間のイメージを調和させることができます。さらに表面に行き先案内等を印刷することで専用品ではなく共用品となり、視覚障がい者以外の方にもメリットが生まれ、誘導路が導入されやすくなります。誘導路を設置する施設が増えることで視覚障がい者が社会に出て行く機会が増え、それによって誘導路を設置する施設がさらに増えます。この好循環を継続することで視覚障がい者の社会進出をサポートしていきます。

創意工夫

 視覚障がい者が誘導路を認識する方法は人それぞれであるため、多くの認識方法を用意しました。白杖でたたく時の音や感触の違いや、足から伝わるソフトな感触、弱視(ロービジョン)の方なら床と誘導路の色の違いでも認識できます。表面を特殊加工することにより、水に濡れても滑りにくなっています。

メッセージ

 視覚障がい者誘導路としての性能を確保しつつ、移動弱者に対するバリアとならない誘導路であることで、多様性のある社会を足元から支えます。また、交差点はおよそ40cmの空間を空けることで表現します。危険な箇所(階段の手前など)にのみ従来の警告ブロックを使用することで視覚障がい者にとってもより安全な屋内空間となります。従来の誘導路に比べて色彩豊かで、視覚障がい者(特に弱視・色覚障害の方)に見えやすい色調を選択しながら誘導路と空間のイメージを調和させることができます。さらに表面に行き先案内等を印刷することで専用品ではなく共用品となり、視覚障がい者以外の方にもメリットが生まれ、誘導路が導入されやすくなります。誘導路を設置する施設が増えることで視覚障がい者が社会に出て行く機会が増え、それによって誘導路を設置する施設がさらに増えます。この好循環を継続することで視覚障がい者の社会進出をサポートしていきます。

かわさき基準認証総合評価コメント

 本製品は視覚障害のある方の屋内での移動を支援し、緩やかなスロープ状で安全性にも配慮された製品であり、誘導ブロックで問題となっていた車いすの方がブロックを乗り越える際の衝撃も解消し、ワックスがけ等の清掃業務にも対応しており、万人の使用に配慮した製品として評価できます。
 モニター評価では、室内に簡単に設置できることや車いすユーザーや高齢者などとの共生を促す良い製品であるとの評価が多数で、さらに分岐点・終点などの移動を案内する機能への工夫を望む声が寄せられていることから、今後も視覚障害のある方のより良い移動をサポートする製品としてさらなる改良を期待します。
 視覚障害のある方の外出を促進し、自立を促進する製品として、かわさき基準の理念における「活動能力の活性化」「安全・安心」「ノーマライゼーション」への適応を評価し、認証に値するものと判断します。

問合せ先

社名:錦城護謨株式会社

住所:大阪府八尾市跡部北の町1丁目4番25号

電話:072-992-2328

FAX:072-922-4175

会社ホームページhttp://www.kinjogomu.jp/外部サイトへリンクします

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局イノベーション推進室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 フロンティアビル10階

電話:044-200-2334

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28innova@city.kawasaki.jp