スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎市知的財産戦略

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年6月1日

【概要】

知的財産を活用した産業振興の基本的な方向性を定め、企業・大学・市民・行政の各々の役割を明らかにし、また、戦略的・体系的な施策群としての「知的財産戦略推進プログララム(2018年度~2021年度)」を構築し、着実に実施していくため、「川崎市知的財産戦略(2018年度~2025年度)」を策定いたしました。

【詳細】

(1)基本方針(対象期間10年間)

 ・基本方針1 知的創造サイクル(創造・保護・活用)の推進

 ・基本方針2 知的財産を尊重する風土の醸成

 ・基本方針3 川崎モデルの知的財産交流の推進

(2)企業・大学・市民・行政の役割

 企業

  社内における知的財産人材の育成及び独自の知的財産戦略の推進

  研究成果の地域への還元や共同研究などの地域での連携の核(特に大企業)

 大学や公的研究機関

  研究及びその成果の普及を通じた連携の核

  大学発ベンチャーなど新たな産業の創出や知的創造サイクルの担い手

 金融機関

  知的財産の事業化の支援と「顔の見えるネットワーク」の拡大

 市民

  知的財産の価値を認め、尊重するとともに、適切に活用する姿勢

 行政

  多様な連携の促進

  知的財産に関する経営資源の補完(特に中小企業)

  知的財産モラルの醸成と発信

(3)知的財産戦略推進プログラム(対象期間4年間)

 戦略的・体系的な施策群

 7つの施策と27の事業

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局イノベーション推進室 知財戦略担当

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 フロンティアビル10階

電話:044-200-3896

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28innova@city.kawasaki.jp