スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

ウェルフェアイノベーション促進セミナー(終了しました)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年2月18日

未来を拓くウェルフェアイノベーションを創造する、対話型ツアーセッション

最先端テクノロジーがより身近にある一歩先の未来。福祉の未来を見て、触れて、そして考える、福祉機器見学ツアーとワールドカフェ形式のワークショップを開催します。福祉関係者だけでなく、製品開発やデザイン、まちづくりに関わる多様な人々と福祉の未来について考えたいと思います。普段の生活について話し合う中で大きなヒントがあるかもしれません。「専門知識がない」という方でも、気軽にご参加ください。

※今セミナーに併せて、第11回川崎国際環境技術展外部サイトへリンクしますと同時開催する「未来を創る川崎イノベーション展」にて、未来を想起させる最新テクノロジーを搭載した製品の数々を展示・体験できるブースを設置します。ぜひ、御来場いただき、「製品からどのような未来を描くことができるか」御体験ください。

参加申込方法

WEB申込フォーム、または以下のチラシを印刷いただきFAXにて申込願います。2019年1月24日(木)まで。)

申込は終了しました。多数のお申込みありがとうございました!!

※抽選結果につきましては、2019年1月25日(金)以降にご連絡致します。

お申し込みはこちら

ウェルフェアイノベーションセミナーチラシ

開催日

2019年2月7日(木)10時10分〜14時45分(受付開始10時~ 受付場所(カルッツかわさき2階イノベーション展会場前))

※展示は、2日間開催しております。(2019年2月7日(木)・8日(金) 10:00〜17:00)

開催場所

カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)(川崎市川崎区富士見1-1-4)

JR「川崎駅(北口東)」・京急「京急川崎駅」より徒歩約15分
※市役所通りをまっすぐお進みください。

セミナー内容

前半は、介護・福祉の専門家である作業療法士、デザイン専攻の学生、企業など、多様なメンバーとともに最新の福祉機器見学ツアーでイノベーティブな製品・サービスから新たな発見を体験し、広範は新たな発見を踏まえ、イノベーティブな未来を拓く新たな福祉製品・サービスの利用シーンやアイデアの種について参加者同士で話し合います。

アテンドツアー

時間 10時45分〜11時45分

作業療法士・企業・学生などさまざまなバックグラウンドを有する方とグループになり、KIS認証製品を中心として未来を想起させる最新テクノロジーを搭載した製品を見学体験します。

展示製品(予定)

【対話支援機器】 comuoon mobile


難聴者側で補聴器を装用し聴こえを改善するのではなく、話をする側で聴こえを改善する、逆転の発想から生まれた卓上型聴こえ支援機器。『高い周波数帯をカバーする特性』『卵型の形状とスピーカーの最適配置による指向性によりクリアな音声を再現』し、難聴の中でも最も厄介な難聴と言われる感音性難聴の方に非常に聞きやすい音声をお届けします。

【聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール】 LiveTalk


発話者の発言を音声認識し、即座に翻訳・テキスト変換することで、聴覚障がい者のコミュニケーションやグローバル活動の支援ツールとしてご利用いただけるソフトウェアです。

【コミュニケーションロボット】 OriHime


だれでも簡単に操作できる分身型のコミュニケーションロボットです。自分の行きたい場所にOriHimeを設置し、そこに居ることで、周りの人と同じ体験をし、一緒の思い出を作ることがOriHimeの特長です。

【視線入力装置】 アイスイッチ外部サイトへリンクします


アイスイッチはALS(筋萎縮性側索硬化症)等の四肢が不自由な方々や寝たきりの高齢者を対象にした装着物なしでもテレビや電気など身近なものを操作できる、新たな入力方式の福祉用具です。

【次世代型モビリティ】 WHILL


高いデザイン性、走行性、直感的な操作性を備えた新しいパーソナルモビリティ。独自技術の前輪タイヤと四輪駆動で、最大7.5cmの段差を乗り越え、悪路走行、10度までの登坂、小回りを実現。手元のコントローラーで、片手で操作可能です。

【足こぎ車椅子】 COGY


自由に動きたいを叶える足こぎ車いす「COGY」。歩行困難な人でも、どちらかの足が少しでも動かせれば、自分の意志で、自力で自由に移動できる新しい乗り物です。

【排尿予測センサー】 DFree


排尿のタイミングを予測し、介護負担を軽減する画期的なデバイス。下腹部に装着したセンサーが膀胱の変化を捉え、排尿のタイミングをスマートデバイスにお知らせし、尿漏れや、パットからの尿の横モレによる負担を軽減。その人らしい活き活きとした生活をサポートします。

【歩行誘導アプリ搭載型白杖(開発中製品)】 MyCane2(白杖のみの製品名)


視覚障害のある方の歩行時に使用する折り畳み式の杖。衝突などで折れ曲がった際にも、切断せず継続して歩行が可能。夜間時には前方から目立ちやすくLEDランプが点灯します。今回は準天頂衛星及びiPhoneを利用した開発中アプリを杖と連動させ、展示致します。

ワークショップ

時間 12時30分〜14時40分

アテンドツアーで体感・発見した面白かったこと・ワクワクしたことを対話し、福祉現場の課題を新たに解決するイノベーティブなアイデアを考えます!


モデレーター:岡田誠氏
認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ共同代表理事

セクターを越え、認知症に関わる社会的課題を起点としたプロジェクトを推進している。
主な著書「旅のことば」(共同編者)。
富士通研究所エキスパート、国際大学GLOCOM客員研究員、慶應SFC研究所上席所員。

主催

川崎市

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局イノベーション推進室 ウェルフェアイノベーション担当

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 フロンティアビル10階

電話:044-200-3226

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28innova@city.kawasaki.jp