スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

未成年者のオンラインゲーム利用で高額請求

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年9月25日

相談事例

いいカモ

【相談事例1】
クレジットカード会社からの請求が25万円と高額になっていることに気がつき、利用明細を確認したところ、心当たりのない複数の決済があった。調べていったら、中学生の息子がスマートフォンでオンラインゲームをして、20万円分の有料のアイテムを購入していたことがわかった。遡って確認したら、先月も約3万円の決済をしていた。息子が勝手に母親のクレジットカード情報を入力して利用した高額請求で困っている。

【相談事例2】
小学生の息子に、ゲーム機を買い与えた。ゲームのダウンロードや少額のアイテムは、父親がクレジットカード決済で購入して遊ばせていた。最近クレジットカード会社の明細に、覚えのない合計3万5000円のゲーム会社の請求が含まれていた。息子を問いただしたところ、パスワードを入力してクレジットカード決済をしてアイテムを購入したという。小学生が親に内緒で利用したものなので、何とか支払いを拒めないだろうか。

 

 

アドバイス

てるみ~にゃ

●オンラインゲームは、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などをインターネットに接続して遊ぶゲームです。ゲームソフトやアプリは無料でダウンロードできるものもありますが、ゲームをより有利に進めるためのアイテムを購入する際に課金が発生します。

●小学生、中学生などの未成年者が親に承諾を得ずに、親のクレジットカードや携帯電話事業者のキャリア決済でオンラインゲームのアイテムなどを購入し、高額になってしまった、という相談が寄せられています。

●スマートフォンやタブレットなどにクレジットカード情報が登録されていると、簡単に決済ができてしまう可能性があります。小さい子供が、有料アイテムを購入しているという認識がないまま操作しているうちに決済になってしまったというトラブルも発生しています。子供が利用している端末に登録されている情報を今一度確認してください。

●民法では、未成年者が親などの法定代理人の承諾なく結んだ契約は取り消すことができるとしています。事例のようなケースの場合、ゲーム事業者やプラットフォーム事業者に、未成年者取消しを求めて交渉することになります。ただし、未成年者が自分は成人であると偽って利用したり、保護者の承諾を得ていると申告している場合などは、未成年者取消しが認められない可能性があります。

●また、事例のような場合、保護者がクレジットカードの管理責任を問われる可能性があります。クレジットカードが利用できるのはその名義人だけで、家族や友人にカードを貸すことは禁止されています。家庭内でも、クレジットカード本体はもちろん、カード番号、パスワードなども適切に管理しましょう。また、毎月の請求明細の確認を怠らないようにしましょう。

●さらに、キャリア決済サービスを子供に使わせないようにするためには、スマートフォンのキャリア決済限度額を0に設定しておきましょう。

●ゲーム会社やプラットフォーム会社は、保護者が子供のゲーム利用などを制限できるペアレンタルコントロール機能を提供しています。子供が利用できるゲームの種類、利用時間、課金できる金額などをあらかじめ設定しておき、実際の利用状況も確認しましょう。

●クレジット決済やキャリア決済の仕組みについて、正しく理解できるよう、家族で話し合いましょう。有料のものを購入したい場合はどうするかなどのルールを作り、楽しく利用しましょう。

●未成年の子供が利用した高額なオンラインゲームのトラブルで困った時は、早めに消費者行政センターにご相談ください。

その他の相談事例はこちらから
http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/16-6-8-2-7-0-0-0-0-0.html

ここに掲載する相談事例は、当時の法令や社会状況に基づき、一つの参考例として掲載するものです。
同じような商品・サービスに関するトラブルでも、個々の契約等の状況や問題発生の時期等が異なれば、解決内容も違います。

身に覚えのない請求書が携帯やパソコンのメールに届いても無視をしましょう。
困ったときはすぐに、消費者行政センターに御相談ください。

========================
【川崎市消費者行政センター】
電話044-200-3030
月~金曜日(祝日は除く)午前9時から午後4時まで
金曜日は電話相談のみ午後7時まで
土曜日は電話相談のみ午前10時から午後4時まで      
(区役所での予約出張相談もお受けしています。)
========================
発行・編集 川崎市消費者行政センター
許可なく記事を転用することを禁じます。

「かわさき消費生活メールマガジン」配信中!

かわさき消費生活メールマガジンでは、「いまどき相談事例」を月1回、
その他消費生活関連情報を不定期にお送りしております。是非、御登録ください!

かわさき消費生活メールマガジンはこちら

相談窓口はこちら!

消費生活について疑問・心配なことがあるときは、お気軽に御相談ください!

相談窓口はこちら!

【注意】

 この情報は、近時における契約トラブルの未然防止を目的として提供しているものです。一定期間掲載した後、状況判断のうえ、順次削除いたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部消費者行政センター 啓発係

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-3864

ファクス:044-244-6099

メールアドレス:28syohi@city.kawasaki.jp