スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた国の雇用調整助成金の特例措置について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年4月2日

コンテンツ番号115436

雇用調整助成金は、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が一時的に休業等を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金等の一部を助成する国の制度です。

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主で、一定の要件のもと休業等を行う事業者には、休業等計画書の事後提出を可能とするなど、特例措置を実施しています。

詳しくは、厚生労働省・神奈川労働局のホームページをご覧ください。

なお、神奈川労働局では新型コロナウイルス感染症の影響による特別労働相談窓口を設置しています。

神奈川労働局 神奈川助成金センター 

電話:045-277-8815

住所:横浜市中区尾上町5-77-2

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局労働雇用部

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル6階

電話:044-200-2271

ファクス:044-200-3598

メールアドレス:28roudou@city.kawasaki.jp