スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

平成31年度川崎市「人・農地プラン」見直しに係る意見交換会(書面決議)の結果について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年4月16日

コンテンツ番号116967

平成31年度 川崎市「人・農地プラン」見直しに係る意見交換会(書面決議)の結果について

「人・農地プラン」は、地域の人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」です。 

 本市では、向丘地区をモデル地区として、平成25年度に川崎市「人・農地プラン」を作成しました。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、令和2年3月2日(月)に開催を予定していた「人・農地プラン(向丘地区)見直しに係る意見交換会」は、中止し、書面決議としましたので、次のとおり報告します。
 

1 協議の場を設けた区域の範囲

向丘地区

2 当該地域における今後の地域の中心となる経営体(担い手)の状況

・個人 10経営体(うち認定農業者 9経営体)

・法人  1経営体(うち認定農業者 1経営体)

3 2の結果として、当該地域に担い手は十分いるかどうか

担い手はいるが十分ではない

4 農地中間管理機構の活用方針

担い手が地域外の農地を借りる場合は、できるだけ農地中間管理機構を活用する。

5 地域農業の将来のあり方

・ 経営の複合化
・ 経営の6次産業化
・ 生産物の高付加価値化

6 平成31年度の検討会

平成31年度の変更内容は、中心経営体の追加だけであるため、検討会の方法は会議方式ではなく委員への個別の意見聴取とする。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局都市農業振興センター農業振興課

〒213-0015 川崎市高津区梶ヶ谷2-1-7

電話:044-860-2462

ファクス:044-860-2464

メールアドレス:28nogyo@city.kawasaki.jp