スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

家の中の事故に気を付けましょう!

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年7月9日

コンテンツ番号119200

 令和2年4月から5月末までの緊急事態宣言等による外出自粛要請期間中に発生した、家の中での14歳以下の子どもの事故又はヒヤリ・ハットについて、消費者庁でアンケート調査を実施しました。

調査結果のポイント
 ・24%の方が家の中の事故又はヒヤリ・ハットの経験あり
 ・事故内容については「落ちる」事故が最も多く、中でも階段が多い
 ・発生場所については台所、リビング、階段の順に多く発生

 子どもの動きは予測がつかない上に、ずっと目を離さないでいるのも困難です。事故を防ぎ、万が一何かが起きたときでも危害を最小限にできるよう、今回御紹介した事例と対策を参考にして、子どもの目線に立って、家の中の家具・家電の置き場所等、危険な場所・物をもう一度見直してみましょう。

 詳細は、下記の資料を御確認ください。

家の中の事故に気を付けましょう!

引用元:消費者庁

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部消費者行政センター

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-3864

ファクス:044-244-6099

メールアドレス:28syohi@city.kawasaki.jp