スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

神奈川県生活環境の保全等に関する条例(抜粋)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2007年1月29日

平成9年10月17日
条例第35号

改正 平成12年11月28日条例第73号、平成12年12月26日条例第79号、平成13年3月27日条例第19、平成14年10月1日条例第55号、平成16年2月6日条例第3号、平成16年3月30日条例第22号

神奈川県生活環境の保全等に関する条例をここに公布する。

神奈川県生活環境の保全等に関する条例

第2節 緊急時等の措置
(緊急事態が予想される場合等の措置)
第112条 知事は、大気の汚染が著しくなり、人の健康又は生活環境に係る被害が生ずるおそれがある事態の発生が予想される場合には、その事態を一般に周知させるとともに、排煙を排出する者に対し、大気の汚染を減少させるために必要な措置をとるべきことを求めることができる。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境総合研究所地域環境・公害監視課

〒210-0821 川崎市川崎区殿町3-25-13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)3階

電話:044-276-9096

ファクス:044-288-3156

メールアドレス:30sotii@city.kawasaki.jp