スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

資源物・ごみの収集状況について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年11月1日

 台風第19号に伴い発生した災害ごみ(片付けごみ)とリフォームごみへの対応について、次のとおりお知らせします。

 

【災害ごみ(片付けごみ)について】

収集について

 台風第19号に伴い、床上浸水等の被害を受けた家屋の災害ごみ(片付けごみ)については、お住いの地域を所管する生活環境事業所が順次収集を行っています。

 災害ごみ収集を行う際は、極力、周辺の方々にお声がけをしていますが、誤って収集されないよう、災害ごみには「ごみ」と貼り紙等で表示いただき、災害ごみでないものと区別ができるように御協力をお願いいたします。(特に自転車については必ず「ごみ」との貼り紙をお願いいたします。)

 なお、災害ごみの量や処理の進捗状況等により、収集には日数を要しますので、皆様には御不便をおかけしますが、御理解くださいますようお願いいたします。

〇災害ごみとは

 (1)濡れた家財道具など(家具類、寝具など)

 (2)建物等に使用されていたもの(トタン板、雨どいなど建築廃材以外のもの)

 (3)木・枝(太さ10cm未満、長さ50cm程度)    など

お持ち込みについて

 災害ごみを車などで持ち込みできる方は、お住まいの地域を所管する生活環境事業所に持ち込むことができます。災害ごみでお困りの方は、事前に生活環境事業所にお問い合わせをお願いいたします。

〇申込みについて

 (1)申込先

    お住まいの地域を所管する生活環境事業所へお問い合わせください。

 (2)受付時間

    月曜日から土曜日までの午前9時から午後4時まで

災害ごみの分別について

災害ごみを円滑に処理するため、できるだけ次のとおり分別に御協力をお願いいたします。

災害廃棄物の分別

【リフォームごみの取扱いついて】

り災した家屋をリフォームすることにより発生する建築廃材等は産業廃棄物となるため、市では収集・処理を行いません。

これらのリフォームごみについては、リフォーム業者が関係法令に基づき処理するよう依頼してください。

〇産業廃棄物に関する問合せ先

  環境局生活環境部廃棄物指導課 電話044-200-2581

 

 

 

【資源物と普通ごみの収集について】

 台風被害に起因しない生活ごみ(普通ごみ、小物金属、粗大ごみ)、資源物(空き缶・ペットボトル、プラスチック製容器包装、ミックスペーパー、空きびん、使用済み乾電池)については、14日(月)から通常どおり収集していますので、通常の分別ルールで排出をお願いします。

  次のリンクから、お住まいの地域の収集状況をご確認いただけます。

生活環境事業所
地 域 事業所 電話番号
 川崎区全 域 川崎生活環境事業所 044 (266) 5747
 幸   区全 域 中原生活環境事業所 044 (411) 9220
 中原区全 域
 高津区全 域 宮前生活環境事業所 044 (866) 9131
 宮前区全 域
 多摩区全 域 多摩生活環境事業所 044 (933) 4111
 麻生区全 域

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部収集計画課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2583

ファクス:044-200-3923

メールアドレス:30syusyu@city.kawasaki.jp