平成27年度多摩川河口の野鳥観察会

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年10月1日


(注意)このイベントは終了しました。

環境総合研究所の前に広がる多摩川河口の干潟には、秋から冬にかけてさまざまな野鳥が暮らしています。渡り鳥のほか、普段よく見かけるけれど名前は知らないような鳥も改めて観察できる機会です。観察の基礎や双眼鏡の使い方から説明を行いますので、初心者の方もぜひご応募ください!

昨年の観察会の様子
カルガモ
昨年の観察会の様子

1 プログラム

日時:平成27年11月29日(日曜日)9時30分~12時30分

対象:小学生以上。定員40名。(応募者多数の場合は抽選となります)

(注意) 

  • 荒天中止です。
  • 小学生の方は保護者と一緒にご参加ください。

2 場所

環境総合研究所外観

川崎市環境総合研究所 1階セミナー室
(川崎区殿町3-25-13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE))
多摩川河口(殿町3丁目 研究所付近)

3 費用

無料

4 申し込みについて

申込期間

平成27年11月16日(月曜日)まで(必着) 

(注意) 期限を過ぎても定員になるまで、申込みを受け付けますのでぜひお問い合わせください。

申し込み方法

ハガキ、ファクスまたは電子メールで。

「野鳥観察会参加希望」、住所、参加者氏名、学年、保護者の氏名、電話番号、ファクス番号又はメールアドレス

を記入してください。

応募者多数の場合は抽選とします。11月16日(月曜日)以降に、抽選結果及び当選者には詳細をご連絡いたします。

必ず参加者全員の氏名を記入してください。

申込先

〒210-0821 

川崎市川崎区殿町3-25-13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)3階 

川崎市環境総合研究所 あて

ファクス番号:044-288-3156

メールアドレス:30sojig@city.kawasaki.jp

5 その他

動きやすい服装、靴でお越しください。

双眼鏡をお持ちでない方には、当日貸し出します。

当日は、主催者側で写真を撮影します。撮影した写真は、広報等で使用することがありますのでご了承ください。

6 環境総合研究所へのアクセス

多摩川河口の野鳥観察会

環境総合研究所のイベントについて

 環境総合研究所では、研究成果や立地条件を活かした体験型学習を市民の皆さまを対象に行っています。 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境総合研究所事業推進課

〒210-0821 川崎市川崎区殿町3-25-13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)3階

電話:044-276-9001

ファクス:044-288-3156

メールアドレス:30sojig@city.kawasaki.jp