現在位置:

平成28年度川崎市グリーンイノベーションの案件創出に向けた研究会を開催しました!

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年3月3日


研究会の画像(1)


研究会の画像(2)

1.中小規模既築建築物における省エネルギーの推進

 川崎市内には、古くから稼働している工場や事務所等、築年数の古い建物が多くあります。研究会では、これら既築建築物の適した省エネ技術等、省エネを進めるための方策を検討しました。

1.活動内容

第1回

  • 研究会の概要説明
  • 既築建築物の省エネルギーをめぐる最新動向の紹介
  • 中小規模既築建築物における省エネルギー対策メニューの実施状況紹介

第2回

  • 事務所の延べ床面積別のエネルギー消費量
  • 講演「中小ビルにおける省エネの実態と課題」

第3回

  • ビルオーナーにおける省エネ取組事例紹介
  • 中小既築建築物における省エネの進め方に関する議論
  • 研究会総括と今後の課題

2.参加事業者

  • ビルエネルギー管理会社
  • IT関連事業者
  • 窓フィルムメーカー
  • 蓄電池等メーカー
  • エネルギー関連事業者

2.気候変動適応に関するビジネス検討

 適応に関するビジネスでは、ICT技術を用いた観測システムや、豪雨に対応可能な下水処理等、さまざまな分野で既に取り組まれている技術が活躍します。これらのビジネスは、持続可能な開発目標(SDGs)の達成にも貢献する可能性があります。

 研究会ではいかにして、適応ビジネスを展開していけるかについて検討しています。

1.活動内容

第1回

  • 研究会の概要説明
  • 気候変動適応策に係る政策の最新動向紹介
  • 適応ビジネスの概要
  • 参加事業者の取組紹介

第2回

  • 講演「経済産業省における適応関連施策」
  • 講演「適応ビジネスの先進事例」

第3回

  • 今後の適応ビジネス支援施策
  • 適応ビジネスに資する可能性のある参加事業者の事業
  • 適応ビジネス展開に向けた議論

2.参加事業者

  • 環境装置メーカー
  • 建築資材会社
  • エネルギー供給会社
  • システム会社
  • コンサルティング会社
  • 経済産業省

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局地球環境推進室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2169

ファクス:044-200-3921

メールアドレス:30tisui@city.kawasaki.jp