スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

環境教育関連イベントリポート

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年6月16日

これまでのイベント等の開催・参加報告

平成29年

6月14日 川崎市幼稚園協会が地域環境保全功労者として大臣表彰を受賞

環境大臣表彰の受賞風景

平成29年6月18日に公益社団法人川崎市幼稚園協会が地域環境保全功労者として環境大臣から表彰されました。川崎市幼稚園協会は、川崎市環境局と協働して幼児環境教育プロフラム「つながりたのしむあそび集」を作成し、幼稚園での環境教育の推進に取り組んでいます。このプログラムは全国的に先駆的な事例となっており、本市としてもこの事例を広く発信し、川崎から未来につながる取組を広げてまいります。

6月8日 だいし水辺の楽校の開催風景を視察

多摩川河口干潟での生き物観察風景

平成29年6月8日に大師河原水防センター(大師河原干潟館)でだいし水辺の楽校が開催されました。この日は都内の小学校が授業で訪れ、多摩川河口干潟でアシハラガニやケフサイソガニ、ニマチチブ、ヤマトシジミなどたくさんの水辺の生き物を見つけ、観察していました。

6月3日 第20期地域環境リーダー育成講座がスタート!

地域環境リーダー育成講座の風景

平成29年6月3日に高津市民館で第20期地域環境リーダー育成講座を開催しました。この講座は入門編5回、実践編5回の全10回を予定しています。今期は合計10人が受講しています。開催初日のこの日には、NPO法人環境研究会かわさきの井上理事長から環境全般についてお話いただきました。午後のワークショップでは受講生同士で熱心に環境の課題についての議論が行われました。

5月28日 川崎区市民健康の森でのチョウの観察の視察

観察風景

平成29年5月28日に川崎区市民健康の森(浮島町公園)でかわさきみんなの生き物調査(春のチョウ)の試行実施が行われました。この日はアオスジアゲハやヤマトシジミのほか、チャバネセセリやスジグロシリチョウなど、たくさんのチョウを見ることできました。

5月18日 多摩区市民健康の森でのチョウの観察の視察

チョウの観察風景

平成29年5月18日に多摩区市民健康の森(東生田緑地「日向山の森」で、東生田小学校3年生を対象にかわさきみんなの生き物調査(春のチョウ)の試行実施を行いました。この事業は、川崎市に生息する生き物のうち、見かけやすく、将来にわたって環境の変化を観察するのに適した生き物の観察情報を全市的にまとめて確認しようと、今年度に各区市民健康の森で試行的に実施しているものです。この日はクロアゲハやサトキマダラヒカゲのほか、たくさんのチョウを見ることできました。

4月23日 和光大学の学生サークル「かわ道楽」の活動を見学

活動風景

平成29年4月23日に和光大学の学生サークル「かわ道楽」の定例活動を見学しました。和光大学は岡上にあり、かわ道楽のメンバーたちは自主的に地域の住民と連携しながら、近くの川や樹林地などの貴重な自然の保全活動などに取り組んでいます。この日は鶴見川につながる河川の清掃活動、外来水生植物の除去、及び水生生物の生息状況調査を行っていました。川の中の生き物を上級生が新入生に教える姿なども見られ、大変素晴らしい活動を見学させていただきました。

3月25日 市民健康の森活動団体向け生き物観察講座

市民健康の森活動団体向け生き物観察講座の開催

 平成29年3月25日にかわさき宙と緑の科学館で、「市民健康の森活動団体向け生き物観察講座」を開催いたしました。
 この講座は、平成29年度から実施予定の「かわさきみんなの生き物調査~春に見られるチョウ~(各区市民健康の森での試行実施)」を前に、チョウの見かたや探しかたなどについて、かわさき宙と緑の科学館で所蔵しているチョウの標本を基に学習しました。

2月10日 生物多様性に関する施設間庁内情報交流会

庁内施設間交流会の開催

 生物多様性に関して庁内の関係部署が情報共有と連携を図る「施設間庁内情報交流会」をかわさき宙と緑の科学館で開催しました。川崎の自然の宝庫である生田緑地に立地している自然博物館で、これまで永年にわたって収集してきた市内の植物や昆虫などの貴重な標本を作成、整理、保管しています。今回の交流会では、この施設の標本の見学のほか、高津区のエコシティたかつの取組報告などを行いました。

1月18日 (株)ショウエイの講座を体験

(株)ショウエイの体験講座の体験風景

平成29年1月18日(水)、(株)ショウエイを訪れ、日頃行われている環境教育講座の体験・見学をしました。ろ過装置のメーカーである(株)ショウエイは環境教育等促進法に基づく体験の機会の場として認定されており、CASBEE川崎Sランクビルの社内見学のほか、製造しているろ過装置の見学、ろ過装置を作る体験もできます。地球の貴重な資源である水を大切に使うための技術と、製造過程の徹底した省エネルギーの取組などについて、楽しく学習できます。

1月11日 かわさき地域環境教育コーディネーター研修

かわさき地域環境教育コーディネーター研修の風景

平成29年1月11日(水)、高津市民館でかわさき地域環境教育コーディネーター研修を開催しました。この研修は、昨年改正した川崎市環境教育・学習基本方針を受けて、地域環境リーダーのステップアップコースとして行うコーディネーターの育成研修です。初の開催であるため、今回は川崎市地球温暖化防止活動推進センターの事務局のみなさんに御協力をいただき、試行実施となります。また、今回の研修では、環境パートナーシップオフィスにも協力いただいております。研修は3月まで行い、内容の検証後、来年度以降も地域環境リーダーを対象に本格実施していく予定です。

平成28年

12月10日 第13回エコ・フェスタかわさき

第13回エコ・フェスタかわさき

平成28年12月10日(土)、第13回エコ・フェスタかわさきを開催しました。このフェスタは地域環境リーダーの交流の場として年1回開催されるイベントです。ことしは環境学習に参加しようと題し、市内で行われている環境出前授業のミニ体験会を行いました。

11月16日 川崎市幼稚園協会研修会での環境教育

環境研修の様子

平成28年11月16日(水)、(公財)川崎市幼稚園協会が幼稚園の新任・経験者を対象に行う研修を開催し、協会と協働して作成したつながるたのしむあそび集の実践のための環境研修を行い、その研修に参加しました。

10月29日 第19期地域環境リーダー育成講座が修了!

第19期地域環境リーダー

平成28年10月29日(土)、入門編及び実践編の全10回にわたる第19期地域環境リーダー育成講座が修了し、新たに8人の地域環境リーダーが誕生しました。講座内でのワークショップの内容については、エコ・フェスタかわさきで報告いただく予定です。

10月21日 体験の機会の場の認定促進セミナーに参加

環境教教育に関する体験の機会の場の認定促進セミナーの開催風景

平成28年10月21日(金)、環境省主催の環境教育担当者会議の中で開催された体験の機会の場の認定促進セミナーに、全国を代表して、川崎市で認定している富士通株式会社川崎工場及び東京ガス株式会社に参加いただき、事業内容について報告いただきました。

9月3日 地域環境リーダー育成講座 実践編がスタート

地域環境リーダー育成講座(実践編)の様子

 平成28年9月3日(土)、第19期地域環境リーダー育成講座の実践編がスタートしました。10月までの全5回にわたって、プレゼンテーション、コミュニケーション、ファシリテーション、及びコーディネートの4つのスキルをグループワークを行いながら習得していきます。

7月23日 第19期地域環境リーダー育成講座 入門編修了

地域環境リーダー育成講座入門編修了者のみなさん

 平成28年7月23日(土)、平成28年6月から全5回にわたって実施してきた第19期地域環境リーダー育成講座の入門編が修了しました。修了人数は12名です。夏休み中に市内各地で開催される環境関連イベントにも積極的に参加される方もいます。修了生のほとんどは9月から始まる実践編の受講に臨みます。

6月4日 第19期地域環境リーダー育成講座 入門編1日目

地域環境リーダー育成講座風景

 平成28年6月4日(土)から第19期地域環境リーダー育成講座の入門編が始まりました。ことしは大学生も含めた14名の参加です。第1日目では、法政大学の田中教授による「今日の環境問題」の講義のほか、NPO法人環境研究会かわさきによる「川崎の公害・環境問題をふりかえる」の講義などを行いました。最後に参加者同士で講義を踏まえた振り返りを行い、活発な講座となりました。

5月27日 広報コーナーに環境月間展示

広報コーナー展示

 平成28年5月27日に、川崎アゼリアの広報コーナー(市役所通り側)で環境月間に関する展示を始めました。ごみと資源の展示との共同展示となります。環境省作成のポスターや市の環境月間行事一覧、地域環境リーダーの歩み、環境副読本などを展示しています。6月9日までの展示となります。この機会に、環境に配慮した生活スタイルを考えてみませんか。

4月10日 かわさきの森づくり

春の竹林整備の様子

 平成28年4月10日(日)、(公財)川崎市公園緑地協会主催のかわさきの森づくり(実践編)の第1日目の様子を見学しました。講座の参加者は麻生区内の竹林で、次世代の竹が発生しているこの季節、残す竹と採る竹の選別作業などを行いました。

3月4~5日 環境教育フェスタ

環境教育フェスタの様子

 平成28年3月4日(金)・5日(土)、環境省主催の環境教育フェスタに参加しました。全国の行政、学校、企業、NPOなどが集まり、地域で環境教育に携わる方事例発表「子どもが変わった~身近な場で行う環境教育~」などが行われました。

3月4日 県立川崎図書館ミニ展示関連講演会

講演会の風景

 平成28年3月4日(木)、県立川崎図書館で講演会「知っていますかPM2.5 川崎市の環境対策の歴史と現在の取組」が開催されました。この講演会は5月11日までのミニ展示「生活に身近な環境情報」の関連イベントとして開催。川崎の大気汚染対策の歴史や、PM2.5の確認方法などの講演がありました。

2月28日 多摩川水辺の楽校シンポジウム川崎

多摩川水辺の楽校シンポ風景

 平成28年2月28日(日)、エポックなかはらで多摩川水辺の楽校シンポジウム川崎が開催されました。下作延小学校や上作延小学校、法政大学人間環境学部のとどろき水辺の楽校の取組や、府中市、狛江市、世田谷区、多摩区、川崎区の各楽校の取組発表がありました。

2月27日 里山フォーラムin麻生

里山フォーラムin麻生

 平成28年2月27日(土)、麻生市民館で2016里山フォーラムin麻生が開催されました。ことしで15回目。麻生区を中心に活動している団体が一堂に会し、「足元の自然に楽しく関わり、繋ぐには」のパネルセッションや小学生からの発表などが行われました。

2月8日 富士通(株)川崎工場による小学生向けの授業

富士通(株)川崎工場による授業風景

平成28年2月8日(月)、富士通株式会社川崎工場で大戸小学校の児童を対象とした「パソコン分解を通して学ぶ私たちの3R」の授業を行いました。本市では、同工場を環境教育等促進法に基づく体験の機会の場として認定しており、その取組として今年も行われたものです。

2月6日 第3回多摩・三浦丘陵の水と緑をつなぐ参加型シンポジウム

多摩・三浦丘陵シンポジウム

平成28年2月6日(土)に川崎市国際交流センターで川崎市建設緑政局が事務局の13市町の広域連携会議が主催の多摩・三浦丘陵の水と緑をつなぐ参加型シンポジウムが開催されました。川崎市環境局もパネル展示で生物多様性かわさき戦略の紹介をさせていただきました。

1月24日 第12回エコ・フェスタかわさき

エコ・フェスタかわさき

平成28年1月24日(日)、大山街道ふるさと館で「第12回エコ・フェスタかわさき」が開催されました。地域環境リーダーなど46名が参加し、未来の川崎を支える環境カリキュラムを考えようをテーマに環境教育の事例紹介及びワークショップを行いました。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局総務部環境調整課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2387

ファクス:044-200-3921

メールアドレス:30kantyo@city.kawasaki.jp