環境学習学生サポーター制度の概要

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年3月24日

制度の目的

 学生サポーターに環境教育等の活動の場や職業体験の機会を提供するとともに、学生サポーターが環境教育等のイベント・講座など運営補助等に携わることを通じて、市民との連携・協働の促進、及び地域で環境教育等の活動を行う個人の人材育成を目的としています。

活動内容

(1)人数

 講座1回(実働4-6時間)につき2~3名程度

(2)主なイベント

  ・多摩川河口干潟の生きもの観察会

  ・星空ウォッチング

  ・環境科学教室 など



(3)内容

 川崎市環境総合研究所が開催する干潟の生きもの観察会など環境教育等のイベント講座当日の運営補助、参加者の安全確保等の活動を行っていただきます。

 ・参加者のサポート、コミュニケーションなど

 ・参加者の安全確保・・・屋外において参加者に対し声かけなど監視作業、参加者(特に子ども)の体験作業の補助

 ・運営補助・・・責任者の指示に従い準備・片付け、器材の出し入れなど

(4)謝礼

 1,000円/回(交通費相当額として)

 ・当日、活動結果報告書(第2号様式)の提出をもって現金で支払います。

川崎市環境総合研究所環境学習学生サポーターの設置に関する要綱

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境総合研究所事業推進課

〒210-0821 川崎市川崎区殿町3-25-13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)3階

電話:044-276-9001

ファクス:044-288-3156

メールアドレス:30sojig@city.kawasaki.jp