ごみゼロカフェ

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年1月25日

平成29年度第3回ごみゼロカフェを開催します

~環境の未来は、あなたのキッチンからつくる~

 食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられている食品のことで、日本では年間約621万トンあると試算され、日本人1人当たりに換算すると毎日お茶碗約1杯分(約134g)のご飯の量を捨てていることになります。

 食品ロスを減らすためには市民一人ひとりの取組が重要となりますので、講師から食品ロス問題についてのお話を聴き、家庭での食品ロスを減らしていくためにどうすればいいのかをワークショップで考えていきます。

 

テーマ

「食品ロス」を考えよう

開催日時

平成30年2月18日(日)午後1時30分から午後4時30分まで(受付は午後1時20分開始予定)

場所

高津市民館 第4会議室(JR「武蔵溝ノ口駅」・東急「溝の口駅」徒歩2分、ノクティ2 11階)

参加費

無料

対象・募集人数

30名(どなたでもご参加ください。事前申込制、先着順)

講師

上岡 美保 氏外部サイトへリンクします(東京農業大学国際食料情報学部 教授・「食と農」の博物館 副館長)

父の影響で農業、地域活性化について興味を持ち、東京農業大学に入学。2001年農学研究科農業経済学専攻博士後期課程を修了。

2016年食料環境経済学科教授に就任。世代ごとの食料消費構造の変化、食農教育(食育)の効果、地産地消の在り方など、“食”と“農”に関する調査・研究を重ねている。

  【主な著書・共著】

『食生活と食育 -農と環境へのアプローチ-』(単著/農林統計出版)

『スーパーの生鮮食品がお店に並ぶまで図鑑』(共著/自由国民社)   など。
上岡 美保 氏

持ち物

当日はお茶やお菓子を提供しますので、マイカップの持参をお願いします。

申込み

次の方法のいずれかの方法で、お名前、お住まい、年齢、電話番号(日中の御連絡先)を記載の上、お申し込みください。(締め切り2月16日(金)先着順)(定員に達しない限りは返信は行いません。そのままご参加ください。)

 

【郵送】210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地 環境局減量推進課宛て

【ファックス】044-200-3923

【電話】044-200-2605

【申込フォーム】ホームページからの申し込みはこちら

備考

高津市民館には、地球温暖化防止活動の推進拠点CCかわさき交流コーナー外部サイトへリンクしますがあります。ごみゼロカフェ開始前に是非ご覧ください(午後5時閉室)。

平成29年度第2回ごみゼロカフェ

~工場見学で考える小型家電リサイクル~

第2回目ごみゼロカフェは30名を超える方々に御参加いただき、終了しました。開催報告は後日掲載予定です。

 テーマ:工場見学で考える小型家電リサイクル

(1)開催日時:平成29年11月21日(火)午前10時から午後4時まで

(2)場所

【工場等見学】  株式会社リーテム東京工場 (東京都大田区城南島3-2-9)及び 浮島処理センター(川崎区浮島町509-1)

【ワークショップ】 かわさきエコ暮らし未来館(浮島処理センター内)

(3)内容

 【工場等見学】 株式会社リーテム東京工場(約1時間10分)
         浮島処理センター、かわさきエコ暮らし未来館(約50分)
【ワークショップ】 みんなでごみ問題の解決を考えよう (約1時間50分)

平成29年度第1回ごみゼロカフェ

~幸市民館市民自主企画事業と共同で開催~

第1回目ごみゼロカフェは30名を超える方々に御参加いただき、終了しました。開催報告は後日掲載予定です。

 テーマ:もっと知りたい“ごみ”のこと!「川崎の“ごみ”世界の“ごみ”」

  1. 開催日時:平成29年10月28日(土) 午前10時から12時まで
  2. 場所:幸市民館 第1会議室(川崎市幸区戸手本町1-11-2)(044-541-3910)
  3. 内容

【講演】 川崎市のごみの現状、世界のごみをめぐる問題について (約1時間)

 講師:一般財団法人日本環境衛生センター 研修広報部 部長 村岡良介氏

【ワークショップ】 みんなでごみ問題の解決を考えよう (約1時間)

ワークショップで楽しくアイデアをつみ重ねていきます

ごみゼロカフェとは?

 ごみゼロカフェとは、ごみの減量化・資源化をより推進するため、さまざまな年代の市民や事業者など多様な主体が意見交換する場です。

  お茶を飲みながら、カフェのようにくつろぎながら小グループで意見交換をし、アイディアを積み重ねていきましょう。普段なら思いもつかないことが、リラックスした雰囲気なら出てくるかもしれません。

ごみの減量と資源化、そして”エコ暮らし”について考えてみませんか?

第4期川崎市ごみ減量推進市民会議における検討を踏まえ、ごみ減量推進市民会議に代わる新たな市民参加の取組として、平成28年度から開催しています。

ごみゼロカフェのイメージ

平成28年度ごみゼロカフェ開催結果

ごみゼロカフェの初年度にあたる平成28年度は、一般廃棄物処理基本計画のキーワードである“エコ暮らし”について、ごみ減量の視点から意見交換しました。

平成28年度の取組結果について、3名の市民委員を中心とする「ごみゼロカフェ運営委員会」が活動報告書として取りまとめましたので報告します。

平成28年度の取組により、市民の“エコ暮らし”実践に係る成果や課題を把握できたことを踏まえ、平成29年度以降のごみゼロカフェの取組につなげていきます。

平成28年度ごみゼロカフェ活動報告書

ごみゼロカフェ・ニュース第1号(平成29年3月発行)

川崎市ごみゼロカフェ開催運営等要綱

川崎市ごみゼロカフェ開催運営等要綱

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部減量推進課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2605

ファクス:044-200-3923

メールアドレス:30genryo@city.kawasaki.jp