スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

共同研究事業の募集

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年4月23日

平成21年度公募型共同研究

環境技術をテーマにした川崎市との共同研究を募集します!

 川崎市では、多様化、複雑化する環境問題に対する取組として、産・学・民の多様な主体との連携による共同研究事業に取り組んでいます。

 この事業では、共同研究者に対して研究に必要な場の提供や研究費用の一部負担などを行うことで新たな環境技術等の研究・開発を支援し、その成果を地域社会に還元することを目指しています。

募集する環境技術

  • 環境技術を通じて、市内の環境改善環境技術・環境研究の市内集積につながるもの川崎発の環境技術開発・環境関連研究を促進するものが本共同研究事業の対象になります。
  • 科学技術、人文・社会科学のどちらの分野でも対象となります。
  • 重点研究テーマに基づく申請の場合、審査時に加点対象となることがあります。
  • 特定の重点研究テーマに関して、市が指定した実証場所等にて実施する共同件研究事業(特定テーマ方式)も募集することがあります。
  • 詳しくは別途公表する申請の手引きをご確認ください。

共同研究の実施方法

公募型共同研究事業

・ 申請のあった研究テーマについては、庁内の審査を経て決定します。(6月中を予定)

・ 7月頃から研究をスタートし、翌年の3月までに研究成果を報告していただきます。

・ 公募型共同研究事業については、市から共同研究者に対して研究事業を委託し、200万円を上限に研究に必要な経費を負担します。(原則、委託業務完了後の一括支払いです。)

連携型共同研究事業

・ 申請は随時受け付けています。

・ 受付後は内容審査を行い、実施が決定した場合は本市と協定等を締結した上で研究を行っていただきます。

・市からの研究費用の負担はありません。

申請者の要件

公募型・連携型 共通事項

(1) 環境技術についての研究を実施するに足りる十分な能力を有し、市をフィールドとした環境技術に関する研究を推進できるもの

(2) 企業、大学、研究機関、非営利団体などとし、いずれも法人格を有するもの

(3) 市暴力団排除条例(平成24年川崎市条例第5号)第7条に規定する暴力団員等、暴力団経営支配法人等又は暴力団員等と密接な関係を有するものでないもの

(4) 神奈川県暴力団排除条例(平成22年神奈川県条例第75号)第23条第1項又は第2項の規定に違反していないもの

公募型共同研究事業のみ追加で必要な事項

(5) 市契約規則第2条の規定に基づく資格停止期間中でないこと。

(6) 市競争入札参加資格者指名停止等要綱による指名停止期間中でないこと。

(7) 市が定める期日までに当該契約年度の市業務委託有資格業者名簿に登録されていること。

市業務委託有資格業者名簿への登録申請について

申請方法

添付ファイルを参照の上、申請を行ってください。

申請はこちらからできます↓

https://keiyaku.city.kawasaki.jp/epv/jsp/V0.jsp外部サイトへリンクします

(業者登録システムのページ)

詳しい申請方法等については、ページ下部に掲載している“公募型”共同研究事業用申請の手引きをご参照ください。

申請にあたっての注意事項

公募型共同研究事業への申請にあたっては、市が定める期日(本事業の募集時に公表します。)までに業者登録申請を済ませていただく必要があります。余裕を持って手続きをしてください。

募集期間

公募型共同研究事業

平成31年4月22日(月)~5月20日(月)

 ※ 相談は随時受け付けています。

連携型共同研究事業

相談に加えて、申請も随時受け付けています。

平成31年度公募型共同研究事業の実施について

平成31年度公募型共同研究事業については、これまでと同様の募集方式(テーマ提案方式)に加えて、市が指定した研究テーマ及び実証場所で行う研究を募集する方式(特定テーマ方式)を実施します。

○テーマ提案方式

本市の行政課題<低炭素社会の構築><循環型社会の構築><自然共生型社会の構築><安全・安心で質の高い社会の構築>の4分野のいずれか、又は、複数に該当し、かつ、次のいずれかの条件を満たすもの。

・事業の成果が川崎市内に還元でき、地域の環境改善につながるもの。

・事業を通じて川崎発の環境技術開発や環境関連研究を促進するもの。

・事業の成果が、環境技術・環境研究の市内集積につながるもの。

 

○特定テーマ方式

研究テーマ:湖沼等の閉鎖性水域における水質改善に関する技術実証

実証場所:生田緑地(川崎市多摩区枡形7丁目)内 奥の池(予定)

公募条件:次のとおり

(1)実証場所における在来生物の生息環境に悪影響を及ぼさない環境技術を選定すること。

(2)生田緑地の環境や公園利用に悪影響(著しい騒音など)を及ぼさない環境技術を選定すること。

※その他にも諸条件があるので、申請をご検討の方は、まず当研究所に事前相談をお願いします(実証場所のご確認も事前相談後にお願いします)。

※申請にあたっては、必ず“公募型”共同研究事業用申請の手引きを確認ください。

平成31年度共同研究事業の申請について

平成31年度事業に係る申請書類等については次のとおりです。

その他

 申請にあたっては、共同研究における市と申請者の役割分担や双方のメリット等についての確認が必要です。必ず事前に相談をお願いします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境総合研究所都市環境課 産学公民連携担当

〒210-0821 川崎市川崎区殿町3-25-13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)3階

電話:044-276-8964

ファクス:044-288-3156

メールアドレス:30sotosi@city.kawasaki.jp