スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

平成30年度 イベント出展情報

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年1月15日

平成30年度 イベント出展情報

環境総合研究所では、研究所が主催したイベントのほかに、他の団体が主催するイベントへの参加や、学校等での環境学習の支援なども行っています。

1 「エコ暮らしこフェア」への出展

内容

日時:平成30年5月20日(日) 午前11時00分~午後2時30分
場 所:等々力緑地内等々力陸上競技場周辺(川崎市中原区等々力1-1)

出展内容:「つくろう!瞬間冷え冷えパック」
参加者:47名 子ども41名、大人5名、その他1名(先着順)
費    用:無料

出展概要:
 ・川崎市環境総合研究所の紹介
 ・尿素についてのおはなし
 ・瞬間冷え冷えパック(瞬間冷却剤)の作成
 ・わたしたちにできるエコ活動




資料

〇当日の資料はこちら(PDF形式,300.31KB)

参加者の感想(一部抜粋)

〇最後に手でパン!とたたいたとき楽しかった。
〇尿素と水がまざると冷たくなったのは不思議でおもしろかったです。
〇色をつけたり、すぐに冷たくなる実感がわかりやすくてよかったです。
〇袋をたたいて割った時の感動がいい
〇とても簡単にできて面白かったです!家でもやってみたいです! 
〇知らないことも細かく教えてくれて、一気に楽しめた

2 「夏休み多摩川教室」への出展

日時:平成30年7月24日(火)、7月25日(水)  午前10時00分~午後3時00分 
場所:川崎市高津区二子地内 多摩川河川敷(二子第2球場河川敷、二子橋付近)

出展内容:「川の中の生きものコーナー」
出展担当:環境局環境総合研究所、環境局水質環境課・大気環境課・環境管理課、建設緑政局企画課・河川課
参加者:775名(先着順)
費用:無料

出展概要:
(1)「川の中のガサガサ体験ブース」:
  実際に川の中に入り、手網を使って水生生物を探し、観察しました。(整理券制)
(2)「顕微鏡生きもの観察ブース」:
  多摩川で見られる水生生物を顕微鏡で観察しました。
(3)「カンバッチブース」:
  自分で描いた絵をカンバッチにしました。

ガサガサ体験1
ガサガサ体験2

ガサガサ体験の様子

ガサガサ体験3
缶バッチ

缶バッチの作成

顕微鏡

顕微鏡で生きもの観察

当日見ることができた生きもの

魚類:アユ、オイカワ、アブラハヤ、スミウキゴリ、ドジョウ、ヌマチチブ
甲殻類:スジエビ、モクズガニ
虫類:オニヤンマ(ヤゴ)、コオニヤンマ(ヤゴ)、コカゲロウ、アメンボ、
    ユスリカ、チョウバエ、ミズダニ
貝類その他:モノアラガイ、プラナリア、シマイシビル

環境総合研究所へのアクセス

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境総合研究所事業推進課

〒210-0821 川崎市川崎区殿町3-25-13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)3階

電話:044-276-9001

ファクス:044-288-3156

メールアドレス:30sojig@city.kawasaki.jp