スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

再エネ100宣言 RE Action アンバサダーに就任しました

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年2月18日

コンテンツ番号114932

再エネ100宣言 RE Action アンバサダーに就任しました


 川崎市は、CO2排出実質ゼロや使用電力の再生可能エネルギー100%への転換を目指し、2050年の脱炭素社会の実現に向けて取組を進めています。

 この度、大規模事業者である市自らの率先行動により、公共施設の省エネルギー化の推進や再生可能エネルギーの積極導入を行うとともに、脱炭素化を推進する市内事業者や団体等を応援するため、「再エネ100宣言 RE Action」のアンバサダーに就任しました。

 本就任を通じ、脱炭素化に取り組む行動の輪を広げ、市内事業者や団体等とともに、脱炭素社会の実現を目指してまいります。

就任日

令和2年2月17日(月)

再エネ100宣言 RE Actionについて

(1)運営団体

RE Action協議会

(グリーン購入ネットワーク、イクレイ日本、公益財団法人地球環境戦略研究機関、日本気候リーダーズ・パートナーシップの4団体で構成される。)

(2)参加団体(令和2年2月17日現在)

55団体

(3)活動概要

 「RE100」の参加要件を満たさない我が国の中小企業、自治体、教育機関、医療機関等が、企業活動に必要なエネルギーを100%再エネで調達することを目標に掲げる新たな民間の枠組みとして発足。エネルギーを使う需要側から積極的に再エネを選択することを目標に掲げることで、再エネの導入拡大を牽引していく。

(※)国際イニシアティブ「RE100」への参加は、日本企業の場合、消費電力量が年間10GWh以上の企業に限定

再エネ100宣言 RE Action アンバサダーについて

(1)役割

 アンバサダーは中央省庁、都道府県庁、政令指定都市の自治体がRE Actionへの賛同支援を表明し、活動のPRを通じて、管轄地域内の団体等に参加を推奨することで、各地域において取組の輪を広げる役割を担う。

(2)参加団体(令和2年2月17日現在)

9団体

(外務省、環境省、神奈川県、熊本県、鳥取県、京都市、さいたま市、浜松市、横浜市 ※50音順)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局地球環境推進室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2508

ファクス:044-200-3921

メールアドレス:30tisui@city.kawasaki.jp