• 昭和11年12月
    伝染病院として川崎市立病院開院
  • 昭和12年 3月
    「川崎市立新川病院」と改称
  • 昭和20年 6月
    総合病院となり「川崎市立川崎病院」と改称
  • 昭和32年 8月
    総合病院の名称使用許可
  • 昭和39年 4月
    地方公営企業法の一部適用
  • 昭和40年 8月
    救急病院指定
  • 昭和41年 4月
    院内保育所開設
  • 昭和43年 7月
    臨床研修病院指定
  • 昭和51年 4月
    永年カルテ番号制度採用(1患者1病歴制度)
  • 昭和52年 4月
    医事課入院コンピューター導入
  • 昭和53年 9月
    ICU開設
  • 昭和53年11月
    医事課外来コンピューター導入
  • 昭和56年 6月
    病床数733床変更
  • 昭和63年 3月
    外国医師又は外国歯科医師の臨床研修指定病院
  • 平成 7年 7月
    新病院着工
  • 平成10年 3月
    災害医療拠点病院指定
  • 平成10年11月
    医療情報システム稼動
  • 平成10年12月
    インターネット上に川崎病院ホームページ開設(25日)
  • 平成11年 1月
    NICU開設(平成13年1月辞退)
  • 平成13年 4月
    新病院完成
    川崎駅〜川崎病院間直通ワンコインバス運転開始
  • 平成14年 4月
    精神科救急24時間体制の開始 川崎市南部小児急病センター開設
  • 平成15年 4月
    院外処方の開始
  • 平成17年 4月
    病院局の設置
    地方公営企業法の全部適用
  • 平成18年 1月
    (財)日本医療機能評価機構(ver6)の認定病院
  • 平成18年 4月
    救命救急センター開設
  • 平成19年 2月
    ヘリポートに夜間照明設置
  • 平成20年 6月
    市内救急医療派遣事業(Kawasaki One Piece)開始
  • 平成21年 1月
    新医療情報システム稼動
  • 平成21年 4月
    NICU再開
  • 平成21年 7月
    川崎DMAT設置病院として指定
  • 平成22年4月
    神奈川県周産期救急医療システム中核病院として指定
    神奈川県地域周産期母子医療センターとして認定
    臨床研究支援室の設置
  • 平成22年12月
    卒後臨床研修評価機構(H22.12.1〜H24.11.30)
  • 平成23年 3月
    神奈川DMAT指定病院として指定
  • 平成24年 8月
    病床数を713床(一般663、精神38、感染12)に変更
  • 平成24年10月
    川崎市立3病院合同災害医療訓練及び消防局航空隊ヘリコプターによる重症助産外来開設
  • 平成24年11月
    7:1看護配置の取得
  • 平成24年12月
    卒後臨床研修評価機構(H24.12.1〜H30.11.30)
  • 平成25年 3月
    助産外来開設
  • 平成28年 3月
    (財)日本医療機能評価機構(ver1.1)の認定病院