基本理念

基本理念

 私たちは、地域の基幹病院として、他の医療機関と連携し、「病気」でなく「病人」を診る心を大切に、安全安心で質の高い医療を、患者の皆さまとともに考え、実践し、健康と福祉の向上を通じて地域社会の発展に貢献することを目指します。

2016年1月

病院運営基本方針

 基本理念を踏まえ、自治体病院の使命と役割を果たし、市民に信頼される安全安心で質の高い医療を継続的かつ効率的に提供していくために、次の方針を定めます。

    1. 患者さんの声を尊重し、高い倫理観をもって医療にあたります。
    2. 地域の基幹病院として、地域の医療ニーズに迅速かつ柔軟に対応できる、良質な急性期医療および専門性の高い医療を提供します。
    3. 救急医療、がん医療、周産期医療、災害時医療の充実を図ります。
    4. 地域の医療機関との連携を大切にします。
    5. 教育、研修を推進し、職員の知識、技術の向上と人材育成に努めます。
    6. 安全管理の向上に努めます。
    7. 健全な経営基盤の確立に努めます。
    8. 職場の経営意識の高揚を図るとともに、働きがいのある職場づくりに努めます。

2016年1月

川崎病院の臨床における倫理指針

  • 生命の尊厳と人権を尊重し、個々の患者さんにとってもっとも望ましく適切な医療を提供するように努めます。
  • 患者さんの信条や価値観に十分配慮し、生命倫理に関する法令、ガイドライン等に準じた医療を提供します。

患者さんの権利

 当院は、患者さんの医療にかかわる、次の権利を尊重します。

    1. 生命の尊厳と、人格を尊重した医療を受ける権利があります。
    2. 安全安心で質の高い医療を平等に受ける権利があります。
    3. ご自身の病気や治療について知る権利を持ち、わかりやすく説明を受け、希望や意見を述べる権利があります。なお病名や予後について知りたくない場合は、そのお気持ちを尊重します。
    4. ご自身が受ける医療を自らの意思で選択あるいは拒否する権利があります。
    5. ご希望により、診療のいかなる段階においても、他の医師および他の医療機関の医師の意見(セカンド・オピニオン)を求める権利があります。
    6. 診療上の個人情報は厳重に保護され、その秘密は守られます。

2016年1月

患者さんの責務

 当院が安全安心で質の高い医療を提供するためには、患者さんご自身にも医療チームの一員として主体的に参加していただく必要があります。そこで、次のことについてご協力ください。

    1. ご自身の健康に関する情報を、医療提供者にできるだけ詳しくお話しください。
    2. 診療に関し希望されること、またはされないことを、医療提供者にお話しください。
    3. 診療に関する説明がよく理解できない場合は、医療提供者に遠慮なくお聞きください。
    4. ご自身および他の患者さんが適切な診療を受けるための妨げにならないよう、病院内の規則や社会的なルール、病院職員の指示をお守りください。お守りいただけない場合は、退去していただくことがあります。
    5. 診療に伴う医療費を適正にお支払いください。

2016年1月

患者さんへのお願い

 当院は質の高い医療を提供するとともに、明日の医療を担う人材を育成しています。そこで、次のことについてご理解とご協力をお願いいたします。

    1. 医療の質の向上を目的として調査・臨床研究を行い、得られた結果は個人情報が特定されないかたちで公表しています。
    2. 教育研修病院として、研修医、看護師をはじめとする医療従事者の研修、あるいは学生の臨床実習を行っています

2016年1月

臨床研修病院としての教育理念・基本方針

 川崎市立川崎病院の臨床研修では、「『病気』でなく『病人』を診る患者さん中心の医療」を理解し、実践できる医師の育成を目指します。

    1. 「病気」でなく「病人」を診ることを実践する教育
    2. 「人格の涵養」を基本とした教育
    3. 「チーム医療」の意義を理解しこれを実践する教育
    4. 「プライマリ・ケア」の基本的診療能力向上を重視する教育
    5. 「自治体病院の責務」を理解しこれを実践する教育
    6. 研修後も自己を高めていく術(すべ)を身につける教育

2011年3月

川崎市立川崎病院の主な取り組み

高度医療・急性期医療
 当院の主な使命は、川崎市の基幹病院として市民の皆様が治療の難度が高い病気を患った時に対応することです。新生児集中治療室や地域周産期医療センターなど、市民の皆様からの要望に沿った医療体制の充実を図ってまいりました。第二種感染症指定医療機関として新型インフルエンザ患者などの入院を担当し、またHIV診療拠点病院にも指定されています。災害医療拠点病院として、災害時に地域の医療機関を後方から支援し、重症・重篤な傷病者の受入れなど、医療救護活動において中心的な役割を担います。さらに全診療科において専門的な外来と入院診療を中心にした診療体制を確立してまいります。
救急医療
 救命救急センターは突然の傷病で市民の皆様が命を失うことがないように、24時間365日体制で診療を行い、全ての救急患者さんに的確に対応できるよう、より一層診療体制の充実を図っていきます。特に脳卒中、急性心筋梗塞などに対応しています。当院に通院していないことを理由に受診をお断りすることはありません。
地域医療連携
 高度医療・急性期医療の役割を果たすために、地域の診療所と「病診連携」(病院と診療所の連携)を積極的に進めてまいります。症状の重く入院を要する方、精密検査が必要な方、専門医の診療が必要な方を診療所からご紹介頂き、病状が安定した患者さんには、再び身近な診療所の先生に診て頂くことで、患者さん本位の地域医療体制の確立を目指します。

PAGE TOP