輸血を望まれない患者さんへ

 当院では、患者さんご自身や家族が感染や宗教上の理由などで輸血を拒否される場合に、患者さんの人格権としてその権利を十分に理解し尊重するようにいたしております。
 しかし、緊急の事態では、輸血できないことで輸血により救命しうる尊い人命を失う結果になることも予想されます。
 輸血をしないことで患者さんの生命を喪失する結果となる緊急の事態に直面した場合に関し、当院倫理委員会の議論を経て、いかなる理由があろうとも、人道上の立場から担当医師が輸血を実施することを当院の方針といたしました。

 輸血を拒否する患者さんに対する当院の診療方針は次のとおりです。

  • 診療をお断りすることはございません。
  • 可能な限り輸血を避けるようにします。
  • 救命目的での輸血は行います。

PAGE TOP