概要

外来治療センターは,外来通院しながら,抗腫瘍薬や、生物学的製剤の点滴または皮下注射による治療を受ける患者さまが、安心して治療を受けられるように設置された施設です。

快適に治療を受けられるように、リクライニングチェア9床、ベッド1床が用意され、リクライニングチェアではテレビの視聴(「テレビカード」の購入が必要です)が可能です。

治療の安全性を高めるため、専任の看護師を配置し、治療中の患者さまの看護にあたります。看護師は治療に関するご相談にも対応しており、腫瘍性疾患の患者さまのご相談に関しては、院内の「がん相談支援センター」とも連携をとっています。また、治療に使用する薬剤は、隣接した薬剤調整室で、薬剤師が無菌的に調整しています。

外来治療センターにおける治療施行数(件)

年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度
腫瘍性疾患 大腸がん 520 366 329
胃がん・食道がん 180 147 44
肝がん・胆道がん・膵がん 221 229 160
乳がん 403 335 434
肺がん 198 243 485
造血器腫瘍 430 248 173
婦人科領域の腫瘍 124 62 107
脳神経外科領域の腫瘍 188 148 137
泌尿器科領域の腫瘍 36 15 38
頭頚部腫瘍 42 75 42
その他 6 21 25
非腫瘍性疾患 関節リウマチ、炎症性腸疾患など 477 482 511
総数 2854 2374 2488