カテーテル治療・IVR室

 カテーテル治療・IVR室(血管撮影室)は5階手術室の中にあります。一般血管用と心血管撮影用の2種類の装置があります。
血管内にカテーテルという管を通して、臓器血管の撮影および治療を行っています。

カテーテル治療・IVR室設備紹介

シングルプレーンのフラットパネルディテクタ搭載型血管撮影装置
カテーテル治療・IVR室2

シングルプレーンのフラットパネルディテクタ搭載型血管撮影装置です。
この装置は主に放射線診断科、血管外科、脳神経外科の手技で使用します。
回転撮影を行うことによって、CT like imagingや血管の3D画像を得ることが出来るようになりました。
また、ステントグラフト内挿術もこの部屋で施行しています。

バイプレーンのフラットパネルディテクタ搭載型血管撮影装置
カテーテル治療・IVR室3

バイプレーンのフラットパネルディテクタ搭載型血管撮影装置です。
この装置は主に循環器内科、心臓血管外科の手技で使用されます。
心臓カテーテル検査、PCI、ペースメーカー移植術など循環器系の検査・治療を主に施行しています。

PAGE TOP