医療安全管理室

TOP | 患者さんへ | 医療従事者の方へ

基本方針

 川崎病院基本理念に基づいて、安全な医療の提供と医療の質向上を目的に、医療安全管理体制の確立と医療事故防止、インシデント再発防止を目指して活動しています。

管理室メンバーの構成

 川崎病院では、副院長を室長(兼務)とし、専従の医療安全管理担当と兼任の医療安全管理担当の看護職、専従の医療事故担当の事務職が配属されております。平成24年度からは兼任の担当部長が管理室の構成メンバーに加わりました。また、アドボカシー患者相談員として非常勤職員が常時勤務しております。

活動内容

  • 院内のインシデント・アクシデント事例を収集し、事実確認、要因分析を行ない、対策を立案・周知する。必要に応じて事例の追跡調査、報告書の作成を行う。
  • 医療安全管理委員会において、医療安全、医療事故に関連する事項の検討、評価、分析を行う。重大事故発生時には臨時で委員が召集され、医療事故防止対策委員会の設置等を病院長に提言する。
  • 他施設における事故事例や医療安全関連情報を収集し、院内への周知・提言を行う。
  • 医療安全に関連した院内・院外研修計画を策定し実施する。(全職員を対象とした研修を年2回以上行う。)

  • 医療安全への意識の向上と啓発を目的とした、医療安全管理室ニュースを発行する。
  • 院内巡視を定期的に行い、再発防止策に向けた対応策の徹底を図る。

  • 医療に関連した患者・家族の不安・疑問・苦情等に対する相談業務。

  • 川崎市立川崎病院 医療安全管理指針はこちら(PDF)

アドボカシー患者相談

 聴きなれない言葉かと思いますが、アドボカシー(advocacy)とは「弁護」 や「権利擁護」という意味があります。アドボカシー相談員は、「患者さんの思いを患者さんに代わって病院側へ発言する役割があります。」
 患者さんのニーズに添った医療が提供できるよう、第3者的に意見を関係部署につなぎ、迅速かつ適正な解決に向けた病院機能の改善に活用するための相談窓口です。
 医療に関する不安・疑問等の解決に努めることにより、患者・家族と医療者間の相互理解を深めるとともに医療安全と患者サービスの向上を図ります。

予約方法・相談日などについて

  1. 予約方法
    1階の「アドボカシー相談室」(院外処方箋お渡しコーナー隣)に「相談申込書」が備え付けてあります。「相談申込書」に相談内容を記入して、「相談申込み入れ」に投函するか病院職員にお渡しください。
    相談日は、後日アドボカシー相談員から連絡させていただきます。
  2. 連絡先及び問い合わせ時間

    連絡先:044-233-5521(内線3498)アドボカシー相談員
    問い合わせ時間:9時~17時

  3. 相談場所
    1階アドボカシー相談室 50番(院外処方箋お渡しコーナーの隣)
  4. 費用
    相談費用は無料です。
アドボカシー患者相談について

PAGE TOP