内視鏡センター

 当院内視鏡センターは、消化器、呼吸器疾患の内視鏡的診断・治療に対する高度専門医療を常時提供する検査体制を敷き、消化器内科医、消化器外科医、呼吸器内科医、呼吸器外科医のスタッフとともに診療にあたっています。また、消化管出血、化膿性胆管炎等の急性期疾患に対しても24時間対応で、患者救命を第一に心がけています。
 内視鏡(消化器・呼吸器)医学は、より高度で精密な診断からQuality of Lifeを重視する低侵襲性治療まで、近年益々その重要性を増してきています。当内視鏡センターではこれらに対応するため、上部・下部消化管内視鏡、膵・胆道内視鏡、気管支鏡などの、各分野での高度の専門性知識と技術を兼ね備えた内視鏡専門医が、最先端の医療機器を整備、駆使しながら診療にあたっています。そして、常に患者さんの安心できる内視鏡検査を目指しています。

責任者

内視鏡センター所長 相浦 浩一

医師紹介

氏名 役職 専門 資格
相浦 浩一
(アイウラ コウイチ)
内視鏡センター所長
外来診療部長
(外科)
膵・胆道内視鏡 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会支部会評議員
日本消化器内視鏡学会評議員
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本胆道学会認定指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
消化器がん外科治療認定医
佐山 宏一
(サヤマ コウイチ)
呼吸器内科部長
(内科)
気管支鏡 日本内科学会認定内科医
日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
アレルギー学会専門医
澤藤 誠
(サワフジ マコト)
呼吸器外科部長
(外科)
気管支鏡 日本外科学会専門医・指導医
日本呼吸器外科学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
日本呼吸器外科学会評議員
慶應義塾大学非常勤講師
医学博士
玉井 博修
(タマイ ヒロナオ)
消化器内科部長
(内科)
消化管内視鏡 日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会肝臓専門医・指導医
夏 錦言
(ナツ キンゲン)
消化器外科部長
(外科)
消化管内視鏡
食道・胃
日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器病学認定専門医
日本ヘリコバクター学会感染症認定医
日本医師会認定産業医
髙木 英惠
(タカギ ハナエ)
肝臓内科部長
(内科)
消化管内視鏡 日本内科学会認定内科医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
有泉 健
(アリイズミ ケン)
消化器内科医長
(内科)
消化管内視鏡 日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
大森 奈緒
(オオモリ ナオ)
呼吸器内科医長
(内科)
気管支鏡 日本内科学会認定内科医
総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
井澤 奈緒子
(イザワ ナオコ)
呼吸器外科医長
(外科)
気管支鏡 日本外科学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
三原 規奨
(ミハラ キショウ)
肝・胆・膵
外科医長(外科)
肝・胆道内視鏡 日本外科学会専門医
日本肝胆膵外科学会評議員
田中 希宇人
(タナカ キュウト)
呼吸器内科医長
(内科)
気管支鏡 日本内科学会認定内科医
総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医
がん治療認定医
井上 健太郎
(イノウエ ケンタロウ)
消化器内科副医長
(内科)
消化管・膵・
胆道内視鏡
日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
がん治療認定医
菊池 弘人
(キクチ ヒロト)
外科副医長(外科) 消化管内視鏡
大腸・肛門
日本外科学会専門医
扇野 圭子
(オウギノ ケイコ)
呼吸器内科副医長
(内科)
気管支鏡 日本内科学会認定内科医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本呼吸器内視鏡学会専門医
がん治療認定医
高橋 秀奈
(タカハシ ヒデナ)
外科副医長
(外科)
消化管内視鏡
大腸・肛門
日本外科学会専門医
井上 正純
(イノウエ マサズミ)
外科副医長(外科) 消化管内視鏡
食道・胃
日本外科学会専門医
マンモグラフィ読影認定医

検査日・検査の流れ

検査 時間帯
上部消化管内視鏡 午前
午後          
下部消化管内視鏡 午前
午後          
膵・胆道内視鏡 午前          
午後      
気管支鏡 午前          
午後      

 当院は、地域連携を推進しており、かかりつけ医から直接上部消化管内視鏡検査を予約していただくことが可能です。その場合は、当院への受診は検査当日1回のみで終了します。詳しくは、かかりつけ医にご相談ください。
当院通院中の方で消化器(あるいは呼吸器)に何らかの症状を認め、内視鏡検査を希望される場合は、以下の手順で受診してください。

  1. 担当外来受診
  2. 内視鏡検査の予約
  3. 外来(または入院)での内視鏡検査の施行
  4. 再度、担当外来を受診し、内視鏡検査結果の説明
  5. 今後の(治療)方針の決定

実際の診療内容と特色について

 当院内視鏡センターの最大の特徴は、消化器、呼吸器それぞれの分野で専門的知識と高度技術を持った専門医がそろい、かつ専門性において横断的に内科、外科とが密接に連携し合っていることです。従って、高度な内視鏡的診断・治療を提供できるだけでなく、いつでも外科的処置に移行できる環境が整っており、患者の皆様方にとって最良の治療法が決定されます。
 当内視鏡センターにおける検査診療実績は、年間で毎年、通常上部消化管内視鏡検査6000件を超え、通常下部消化管内視鏡検査は2000件以上、内視鏡切除は上部(食道・胃)で100件前後、下部では700~800件に対して行ってきています。消化管出血に対する止血術も200~250件に上り、また、膵・胆道内視鏡検査数は200件近くに達し、今後益々増加していくものと考えています。気管支鏡検査数も300件を超えています。

 私たち内視鏡センターで得意とする分野は以下です。

 

内視鏡手技の解説

PAGE TOP